2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

二日目の朝、宿の周辺、別荘や企業の保養所の並ぶ閑静なエリアを散歩し、
部屋に戻ってもまだ朝食まで時間があるのでめずらしく朝風呂に入ってみたり。

ちょっと汗かいたなあ~、みたいな感じで、顔を洗いに行くくらいのノリで
お風呂に入れるのがいいですね~、お部屋についてなかったら、たぶんこんなに
何度も入ってなかったと思います・・・。

そして朝食。
和食と洋食と選べます。ふだんなら絶対洋食なのですが、めったにない機会だし、
干物とかもふだんはほとんど食べる機会がないので、せっかくだから、和食にしました。

DSC02454.jpg



DSC02456.jpg

DSC02457.jpg

DSC02459.jpg


干物は金目鯛。伊豆ならでは、ですねー。

DSC02455.jpg

朝食も盛りだくさんでした~。
朝から贅沢な時間を過ごさせていただきました。




ほんとに素敵なお宿だったので、11時のチェックアウトぎりぎりまでお風呂でお部屋でまったり
したいなあという気もあったのですが、やはり気になる帰り道の渋滞、、、

さらにこのときまだ昼間は暑かったので、早めに行動しようということで、朝食後にチェックアウト。


宿の近くの干物屋さんでいつもおみやげとかいただく近所の方へのおみやげに鯵と金目鯛の干物を
買って、そのあと大室山の方へ少し走って、宿の方に教えていただいたパンパスグラスを見て
帰りました。
これが大室山。

DSC02461.jpg


パンパスグラス、ありました。

DSC02462.jpg

DSC02463.jpg

伊豆はやっぱりいいなあ~~~。
別荘地を散歩中、「伊豆暮らしはいかが?」的な不動産広告の看板を見かけましたが、
生計がなりたつのであればぶっちゃけ住んでみたいくらいです。

唯一の難点は、車での移動がほとんど国道135号線しかないので、夏や週末は
観光客渋滞に巻き込まれそうなのがあれですが。
伊豆は地震が・・・というのもあるでしょうが、伊豆高原のあたりって、海からだいぶ
高いし、地盤が固いという記事を見たことがあります。

まあ、住むことはなかなかかなわないですが、また「はんなり伊豆高原」には
ぜひ来てみたいです。

ほんとにぜいたくな時間をまったりと過ごせて、リフレッシュできました。
ほかのペットOKな宿泊施設と比べるとお値段は張りますが、それを補ってあまりある、
すばらしい

See you again, 伊豆!

DSC02464.jpg

スポンサーサイト

トニーのシャンプーも終わり、温泉も堪能して、アメニティの入浴剤やパックも使って
すっかりリフレッシュした後は、夕食です。

最初からテーブルに置いてあって気になっていたお酒のメニューから、食前酒にキールを注文。
ビールもよかったんだけど。

DSC02420.jpg


DSC02440.jpg


他にも、伊豆といえば・・・のニューサマーオレンジやヤマモモのお酒もありますが、
まあそれはまたあとで。

DSC02421.jpg

メニューはこんな感じ。横長なので2枚で撮影。

DSC02443-1.jpg

DSC02443.jpg


こちらは夕食についていた食前酒の梅酒。

DSC02438.jpg


「前菜」 烏賊紅葉和え、かます棒寿司、金目菊花お浸し。

DSC02441.jpg



「お造り」 カンパチ、金目、鮪。

DSC02439.jpg


「焼き物」 甘鯛深山焼、山くらげ湯葉巻き。

DSC02446.jpg



「合肴」(日本料理の献立で、焼き物と煮物の間に出す蒸しものまたは揚げ物などの意味のようです)
帆立クリーム焼。このクリームソースが非常においしかったです。

DSC02442.jpg



途中でお酒を追加。日本酒や焼酎でもあったのですが、果実酒の3種飲み比べというもの。
みかんワイン、ヤマモモ酒、ニューサマーオレンジ酒を選んでみました。DSC02450.jpg




「温鍋」 金目と松茸鍋。

DSC02435.jpg

DSC02436.jpg


「大皿」 牛すき風味焼。

DSC02445.jpg


「食事」 木の子ご飯。

DSC02447.jpg


「香の物」 盛り合わせ。

DSC02437.jpg


「留椀」 赤出し。

DSC02448.jpg



「水菓子」 葛切り。

DSC02451.jpg

秋の味覚を堪能できました。
いろいろ出ましたが、量が少なめなので、途中でえらい満腹になったりせずに
ごはんのおかわりを除いては完食できました。




ちなみに、こちらのソファー、お部屋にカバーが置いてあって、それをかければわんこも
乗って大丈夫なようになっています。
泥パックでさらさらになったトニー。

DSC02449.jpg

お食事の部屋出し、いやー、最高ですー。
しかも本格的な懐石料理でとてもおいしく頂きました。

早めにチェックインした理由の一つが、お部屋についている温泉です。

DSC02415.jpg



洗面所はこんな感じで、扉を開けるとまずはシャワールームが。

DSC02411.jpg

この化粧水(確かPOLAの)が、紅茶のような良い香りがしてすごーく癒されました。

DSC02413.jpg


DSC02416.jpg

DSC02417.jpg



そしてさらに戸を開けるとデッキに通じていて、人間用&わんこ用露天風呂がそれぞれあります。

DSC02418.jpg



手前の丸いのが人間用、奥の四角いのがわんこ用です。

DSC02419.jpg





こちらのお宿にわんこ用温泉露天風呂が各部屋についていることは先述しましたが、
さらにはわんこ用泥パックもついているんです。
おわんに入ったのが泥パック、塗布後5分待つのでそのための砂時計と、泥パックを
すすいだ後に使用するシャンプーも備わっています。

DSC02412.jpg

さっそく泥パックをしてみます。

DSC02431.jpg


泥まみれな感じになるのかと思ったら、色は意外と変わらず。

DSC02428.jpg


シャンプー終了後は、浴槽に源泉をためて温泉につかってもらいます。

DSC02433.jpg

DSC02426.jpg

まったりしてくれたら・・・と思ったのですが、終始この立ち姿勢で、お湯がたまってくるにつれ
悲壮感漂う声でうーうーと泣きだしたのであまりゆっくり浸からせられませんでした、残念。

画像を撮り忘れたようですが、トリミング台、ブラシ、そして掃除機のような強力ドライヤーが
洗面所に備わっているので、短時間で乾かせます。



わんこをきれいにした後は、人間用のお風呂タイムです。
すでにあっつ~~いお湯がなみなみと入っていたので、五右衛門風呂みたいにざばーーーんと
あふれさせながら、海を見つつのんびりお湯につかりました。

DSC02434.jpg

別に温泉フリークではないので、いつも温泉宿に泊まっても、一度しか温泉に入らないのですが、
やっぱり部屋についているのって違いますねー。翌日の朝まで計3回くらい入りました。



そして次はお食事編です。

3時ちょっと前に宿に到着。
もうちょっとめいっぱい観光して食事時間のちょっと前に着くのでもいいのでは?と
思われそうですが、この宿は、お部屋でとても楽しめるところなので、あえてチェックイン
時刻に合わせてやってきました。

DSC02452-2.jpg



こちらがフロント棟。
今回予約したのは「はんなり伊豆高原」という、ペットと泊まれる和風の旅館です。

DSC02393.jpg


場所を決める時に、箱根か伊豆あたりで調べていました。
ペットOKのホテルには過去に2回ほど泊まったことがありますが、どちらも、以前は
不可だったのを最近可に変更したタイプのところで、館内で入れる施設がとても限られて
いたり、客室では自分で持参したケージ使用などの条件のあるところでした。
もちろんそれでも一緒に行けるというだけで素晴らしいのですが、今回調べていたら、
もっとペットとの宿泊に特化した宿もいくつもありました。

しかし、できればあったらいいなと思っていた「ペットの入れる温泉」のある宿となると
ぐっと少なくなります。もしもあったとしても、人間用のお風呂の横にペットキャリーくらいの
大きさのプラスチックのマイクロバブルバスみたいなものを置いたのだったり、予約制で
1回500円とかだったり、どれもピン」とこなかったところ、ここの「はんなり伊豆高原」は、
なんと、客室にペット用お風呂・・・しかも温泉がついているんです!
あ、人間用の温泉のお風呂もお部屋についています。
もちろんその分、ほかの施設よりは宿泊代がかかるのですが、よくよく調べていくと、
全館離れ形式で全7棟、ペットのお風呂は露天風呂(人間用は露天かビューバスの2タイプ)
食事は部屋で提供、小さい庭つき・・・もうこの時点でうすうす感じていました

「これは・・・高くないかも」と。

わんこを連れて旅行に行くと、長時間ドライブになるので、宿に入る前に
お散歩してトイレを済ませて・・・そして帰るときも車に乗せる前に散歩して
・・・となるのですが、お庭がついているので、まずその手間がなくなります。

そしてお部屋での食事提供。
もし食堂に連れていけても、テーブルの下で待たせていると、匂いばっかりかいで
いるのが気になったりしていまひとつ落ち着かないのですが、その心配も無用。

さらに旅館のサイトでお部屋の様子を見ると、これがまた非常に素敵で、そのまま
部屋の空き状況をチェックしに行きました笑。
平日に泊まる予定だったので、週末よりはかなりお得だし、ペットの宿泊料金に至っては、
小型犬2100円とけっこう普通の値段です。温泉以外にも至れり尽くせりだというのに
(後述します)。

1か月以上先に予約を取りましたが、空いている部屋が少なく、週末になると来年まで
埋まっています。なんでも、予約開始の日は週末や連休の予約を取るのはけっこう
大変のようです。


お部屋に案内してもらいます。

DSC02394.jpg


続きます・・・。


▼read more

次なる目的地は、汐吹公園というところ。

DSC02376.jpg

DSC02378.jpg

DSC02377.jpg


なかなか素敵なところです。

DSC02379.jpg


この道を進んでいくと、名前の由来である「汐の吹く」地点へ行かれます。

DSC02380.jpg

DSC02387.jpg


水の音が気になる・・・

DSC02385.jpg

けどちょっと怖かった、、、

DSC02386.jpg

DSC02382.jpg

DSC02381.jpg



この場所で、汐が吹くところが見られるようです。
また機会があったら、その瞬間を見に行きたいものです。
少しのぼったところに展望台みたいなのもあったようなのですが、暑かったので断念。

DSC02388.jpg



次に訪れたのは、「神祇神社」という、犬飼いの人なら知っている人も多いかもしれない
場所です。伊豆高原のぐらんぱるのすぐ近くでした。正確な場所がいまいちわからなかった
のですが、ちゃんと看板も出ています。

この神社でお参りするのが、今回の旅の大きな目的の一つだったりします。

売店で絵馬とお守りを買ったら、お祓いをしていただきました。
絵馬は、片側に願い事、片側にはわんこの似顔絵を書くようになってます笑。

それにしても、すごい数の絵馬がかかってますねー。

DSC02389.jpg


境内にはこのようにしゃれた象形文字のタイルがたくさんあり、それを踏むとよいとあったので、
できるだけたくさん踏んで&踏ませてきました。

DSC02390.jpg


チェックイン前の最後の目的地は、宿のもうすぐ近くの和菓子屋さん。

DSC02391.jpg

ジェラートがあるとのことで、食べたかったのですが、わたしが行ったときは、週末しか
やってないとのことでした、、、残念。

DSC02468.jpg

しばらくぶりに海が見たくなったので、伊豆へ行くことに。
海のないところで育ったせいか、旅行やドライブで海方面へ行き、初めて海岸線が現れた時には
いまだにテンションがあがります。

ランチタイムは、行程から行くとだいたい伊東あたりになりそう、ということでネットで下調べ。
さすが伊豆は、ペットOKレストランがけっこうあります、が、やはりテラス席、というのが
多いので、あまり暑そうなところだとなあと思いつつ探したところ、エスニックのお店を発見。

予約している宿の食事ががっつり和食なので、ランチは和食以外がよかったので、場所、ジャンル
ともにぴったりだった「バリレストラン 海辺のサヤン」を目指します。

国道135号をはずれて海の方へ少し走ったところにお店がありました。
店舗が2階にあるので、地上からはお店はよく見えません。
駐車場からお店まで歩く途中におしゃれな看板が。

DSC02374.jpg

店内にはちょっとしたアジアン雑貨なども売ってました。
テラス席は、かなり広く、海近の方は屋根がなく暑そうだったので、屋根の下の席へ。
スキューバの人たちもランチに来ていました。

DSC02371.jpg

DSC02373.jpg


ランチは、エビのココナッツ煮、カレー、ナシゴレンなど数種類。
ドリンクもついてます。

DSC02365.jpg

セットのスープは具だくさん。

DSC02366.jpg

DSC02367.jpg

ナシゴレンランチ。

DSC02368.jpg

辛いソースがついてきました、うれしい♪

DSC02370.jpg

右側のサテは、ピーナツバターみたいな甘みのあるこっくりしたソースがたっぷり。

DSC02369.jpg

これで1050円。調べていた時から、けっこう観光地価格の高めのランチを多く目にしましたが、
ここはとても良心的。ロケーションもとてもよいです。


海辺のサヤン 伊東市宇佐美11-1 0557-47-4568 無休

なにげに毎年来てます。
でも、いつも早朝に来るので露店などには出会えませんが。

今年は、気のせいかもしれませんが例年よりも変わりチューリップのエリアが増えた
ような気が・・・。
DSC01953-2.jpg
DSC01970-2.jpg
DSC01975-2.jpg

このシャーベットオレンジみたいな色のがけっこうあって、個人的には今まであまり
見たことない気がして新鮮でした。
DSC01976.jpg
DSC01962.jpg
DSC01957.jpg
DSC01956-2.jpg
DSC01955-2.jpg

しぼり咲きのがけっこう好きなので今年はいっぱい見られて嬉しかったです。
DSC01968.jpg
DSC01967.jpg
DSC01966.jpg
DSC01971.jpg
DSC01972-2.jpg
DSC01973.jpg
DSC01974.jpg
DSC01961.jpg
DSC01963.jpg

最初の訪問でかなり気に入ったこちらのお店にまた行くことができました。
DSC01636.jpg
日曜日の、ランチタイム真っ只中だったので、電話で空席を確認してから行きました。
すでにけっこう埋まっていて、電話をしたからか、2人でしたが4人がけの席に通して
もらいました。その後ほどなくしてお店は満席に。

パエリアを食べようかなと思ったのですが、ふと見ると壁に「カキときのこのクリームソース
リングイネ」というおすすめメニューが貼ってあったので、そちらのセットに変更。

今回の前菜は・・・ハムのムース、あさりときのこのフラン、トマトのファルシー、
サラダ、自家製ピクルス、さつまいものオレンジ煮。

DSC01623.jpg

相変わらずどれもおいしいですが、印象的だったのは、さつまいものオレンジ煮。
かぼちゃとかさつまいもなどの甘い野菜はあまりそのまま食べたいと思わないのですが
オレンジで煮ることによってさっぱりとおいしくなっていました。

DSC01624.jpg

パンについてくるバターは相変わらずたっぷり。
今はスーパーでもバターが普通に買えないのに、すごいです。
DSC01625.jpg

パスタは牡蠣がたっぷり。
DSC01628.jpg

こちらはパエリア。
DSC01630.jpg

DSC01629.jpg

DSC01631.jpg

ここにきたらデザートははずせないです。

これは・・・キャラメルのアイスだったかな?
DSC01632.jpg

なんとメニューにヌガーグラッセがあったので私は迷わずそちらに。
DSC01633.jpg

おいしい~~~、もっといっぱい食べたいくらい(笑)。
DSC01634.jpg


カフェレストラン縁  青梅市長淵4-481-6
11:00‐21:00(L.O.) 水・第3火休 P7台


紅葉が終わってしまう前に、どこか近くで行きやすいところに見に行こう
ということで、飯能の天覧山へ行ってきました。
DSC01451-2.jpg

近くにある市民会館の広い駐車場が開放されていてアクセスも抜群。
その駐車場の周りや道を渡ってすぐのあたりも木が多く、池も
あったりして、山に登らずとも散歩にはじゅうぶんな場所。
DSC01453-2.jpg



DSC01455.jpg

山といっても、標高195mのかわいい山です。
DSC01454.jpg

最初のうちは舗装された広い道。
DSC01460.jpg

途中で、コースが2つにわかれて、深く考えずに岩場コースみたいな
方に行きました。
DSC01464-2.jpg

特別険しくはなかったですが、頂上手前がちょっと段差の大きな岩
だったのでだっこして登りました。
DSC01463.jpg

DSC01461-2.jpg

ほどなくして頂上に到着。
DSC01470-2.jpg

ぼけた写真であれですが、頂上は眺望がひらけていて、飯能の街は
もちろん富士山も見えてなかなかでした。
DSC01467.jpg

下りは、メインではなく脇道みたいなとこに入っちゃったかな。

DSC01474-2.jpg

DSC01459.jpg

DSC01472.jpg

DSC01473.jpg

なかなかちょうどいいお散歩コースですね。
近くならしゅっちゅう来たいくらい。
DSC01457.jpg

八王子の城山手にある山形ラーメンのお店「月山」にまた
行ってきました。
八王子の中心地に比べると俄然行きやすいのもいいです。
DSC00572.jpg

以前伺った時はつけ麺をいただいたので、今回は基本の味噌
ラーメンを。

まもなく西八王子に移転してしまうようです。来ておいてよかった。
DSC00571.jpg

基本の味噌ラーメンは800円。このお店は券売機なのですが、
これはお店の定番メニューにつき券売機の左上端にあるし、
お客さんも家族連れなどが意外と多く、後ろにラーメン通の人が
並んで緊張することもありません。
DSC00568.jpg

濃厚とかではなく、やさしい味わいの味噌ラーメンです。
DSC00570.jpg

早々に辛味噌を混ぜました。
辛味噌ラーメンが辛かったってお店はあまり記憶がない気がするのですが
こちらも辛さはマイルドでした。
DSC00569.jpg



山形味噌ラーメン 月山

ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。