2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

クレソン。
CIMG5725.jpg

お料理の画像はないですが、サラダにしたり、軽く炒めたり、パスタに入れたりして
いただきました。簡単に採れるのに、栄養たっぷりなのがうれしいです。
スポンサーサイト

年末だったかに拾ったくるみをやっと割ることができました。
殻のままでも1年くらいとか大丈夫らしいですけどね。
ちなみに、このくるみ達はとても固いので、お人形の形などのかわいらしいくるみ割り
人形などではまず割れません、たぶん。
過去にいろいろな方法を試しましたが、一番やりやすいのは、近所のおばさまに
ハンマーと台にする石を借りてきてベランダで割るやり方です。
音もしますし、かけらもけっこう飛んだりしますが。
CIMG5656.jpg


今回は数がそう多くなかったのですぐ全部割れました。
CIMG5657.jpg


次に、千枚通しなどで殻から出しますが、けっこう入り組んだ形で入ってるので
売ってるくるみのようにきれいにとりだすのはわたしには無理です・・・。
そして、この段階で殻のかけらが混ざっていたら取り出します。けっこう見つけ
にくくて、もし入ってて食べてしまうとものすごく固いので。
CIMG5658.jpg


洗ったあと、オーブンでローストしました。
香ばしくてそのまま食べてもおいしいです。
CIMG5661.jpg


今日は夕食のパスタのトッピングに。あとサラダにも乗せたりします。
CIMG5660.jpg


よく一緒にお散歩をするおばさまと「そろそろカワラノギクが
咲いているんじゃないか」ということになり、群生している
場所に見に行きました。

まだ満開にはちょっと早かったけどたくさん咲いていました。
CIMG2559.jpg


そっくりな花(普通の野菊?)があちこちに咲いていますが
見分け方は葉っぱ。カワラノギクの葉っぱはこのように
細いですけど、ノギクの葉っぱはかなり幅が広いです。
CIMG2560.jpg


この花は、絶滅危惧種に指定されているんだそうです。
全国でも、東京・神奈川・栃木・長野でしか観察されて
いないようです。石がごろごろした河原に生えるようです。
CIMG2563.jpg


このあたりでは、羽村の人道橋のところが有名な群生地ですが、
ここはもっとたくさん咲いているし、人も少ないんです。
CIMG2564.jpg

CIMG2567.jpg


近くに背の高いススキがたくさんあったのでついついまた
写真に撮っちゃいました。日が当たってなかったのが残念。
CIMG2568.jpg

CIMG2570.jpg


たまには河原のお散歩もいいね。
CIMG2571.jpg






多摩川の近くにはけっこういろんなところにくるみの木が
あります。そろそろ実が落ち始めているようなので、
お散歩のついでに拾ってみました。
CIMG2235.jpg


ちなみにこんな感じで木になっています。緑色の外皮が黒く
なったら地面に落ちます。
CIMG2236.jpg


CIMG2239.jpg




われもこう。
この花は人気があって、もともとあんまりたくさん咲かない
のに咲いたそばから摘まれていってしまいます。
CIMG2238.jpg


つりがねにんじん。
CIMG2237.jpg

CIMG2257.jpg

CIMG2264.jpg


拾ったくるみはどうするかというと・・・。
CIMG2265.jpg


まずはざぶざぶと外皮をはがしながら洗います。そしたら
しばらくの間乾燥させます。ちょっと今はネットがないので
新聞紙の上ですけど、しいたけやみかんのネットがよいです。
さんざん干した後に「割る」という作業がありますがこれが
なかなか大変で、近所のおばさまのかなづちとくるみを乗せる
ための大きな石を借りて行います。今年はかなづちと大きな
石を自分で調達して食べる分だけその都度割る・・・という
ふうにしようかな。

CIMG2220.jpg


今日、仕事から帰るとき2箇所でかすかに金木犀の香りを
感じました。もうそんな時期なんですね。



昨日(7月15日土曜日)の昼間の雷雨はものすごかったです。
朝から非常に天気がよかったので
CIMG1703-2.jpg

週末の来客に備え洗濯物や布団干しマット干しなど全開で
昭島の酒屋さんまで出かけ(このお店についても近々掲載
予定です)お店を出るとちょっと怪しげな空模様。
急いで帰るも渋滞にはまったりして家まであと5分という
ところでフロントガラスに水滴がつきはじめました。
と、次の瞬間にもうスコールとものすごい強風。
ちょうど多摩川を渡っているあたりでは、前の車が視界不良
のせいかなんだかわかりませんが止まっていてしばし橋上で
立ち往生だったのですが、強風の時に高速でトンネルを出た
あとのように車が横風にぶんぶんと煽られ、しかもものすごい
イキオイで降る雨よりもものすごい音でバチバチと車を
叩きつける何か。当初は川沿いの大木の折れた小枝がぶつかって
るのかと思ってましたが、正体はこれでした。
CIMG1709.jpg

カクテルによさそうなクラッシュアイス・・・ではなくて
雹です。これをバチバチと頭に浴びつつ急いで部屋に戻り
被害にあった洗濯物をとりこみます。
一段落して外を見ると、窓からいつも目の前に見えていた
大木の枝の90%がなくなってしまっています。
干しておいてずぶぬれになってしまった靴4足を洗濯乾燥
しに渕上のJAVA洗車場向かいのコインランドリーに
行きました。行きつけの美容師さんから「コインランドリー
の靴洗いはなかなかいい」と聞いていたので。

途中、橋を渡っているとこんな落し物?が。
CIMG1711-2.jpg


ちなみに美容師さんのお墨つきの通り、靴はすっごくきれいに
なりました。ケガの功名?
さて。翌日になり朝の散歩でいつものコースに出てみました。
ニセアカシア、くるみ、桜、ねむ、といろんな木の枝が
痛々しいくらいあちこちで折られていました。
まさに「嵐の爪あと」といった感じでした。

お散歩コースのシンボルともいえる胡桃の木。
いつだったかの台風で左半分の木が折れてしまって(写真の
左の方に倒れている幹)、でも右半分が元気にしていたの
ですが、昨日の嵐でその右半分までも倒れてしまいました。
もう実もついていたのにかわいそうに・・・。
CIMG1719.jpg


このあたりに多いニセアカシアの木もかなり多く折れてました。
CIMG1718.jpg


これらの写真は今朝とったものですが、夕方のお散歩の時は
よく一緒に歩く近所のおばさまと被害状況の話などしつつ
歩いていたのですが、おばさまのお宅では瓶ビールの王冠大
の雹に直撃され網戸が破れたり、他のお宅ではガラスが割れて
しまったり、さらには数軒先のお宅ではスレートの屋根が飛んで
お家が浸水してしまったりけっこう甚大な被害が出ていました。
雹も風も北の方角から吹いていたようです。
今朝の朝刊にも出てましたが、昭島の幼稚園の屋根がまるごと
はがれて近所に落下したようですが、ほんと今回のは
「雷雨」とか「にわか雨」とかそんな言葉で片付けられない
ほどのすごさでした。わたしもそう思いましたが、近所の
他のおばさまたちも口々に「今まで体験した中で一番すご
かった」とおっしゃってました。



おはようございます。今日はいろいろやることがあるのでちょっと
早起きして(というかトニーにどっちにしろ早く起こされますが)
羽村のチューリップ畑を再度訪れました。前回行った時はまだ2分
咲きくらいの感じだったし、今週行ってきたという近所のおばさま
によると「まだまだ大丈夫」とのことだったのと、「羽村 チュー
リップ」というキーワードで検索して見にきてくださる方が今でも
けっこう多いので、今日は天気もいいし、もしかして「これから
行ってみようかな?」なんて思ってる人もいるかもしれませんので
こんな時間からUPしています。
T1.jpg


▼read more

朝、そろそろトニーのお散歩に行こうと窓を開けたらちょうど
日が昇るところで空がきれいだったので撮ってしまいました。
個人的には朝焼けより断然夕焼けが好きなんですけど、ロケー
ション的には朝焼けの方がばっちり見えるので・・・。

CIMG0204.jpg


昨日、東京でさくらの開花宣言がありましたが、こっちの方は
けっこう後になるだろうなと思っていたら、今日、夕方のお散歩中に
桜並木の中で一本だけけっこう咲いている木を見つけました。
CIMG0207.jpg


春が来ましたね。お散歩コースにはダニがけっこう多いのですが、
ぼちぼちつくようになってきました。フロントラインのシーズンも
やってきました。


ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。