2008 / 05
≪ 2008 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2008 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左から、フンギポルチーニのオリーブオイル、ギラデリのココアパウダー、同じくギラデリの
チョコレート。
CIMG5899.jpg


チョコレートは、学生時代だったらペンケースにしたくなるような缶に入ってます。
CIMG5900.jpg


オリーブオイルのボトルには、にんにく、赤唐辛子、セージ、ローリエなどがたくさん入ってます。
CIMG5901.jpg

CIMG5903.jpg


おしゃなレシピ集つき。
CIMG5902.jpg


さっそく、オイルの味がよくわかるかなと思ってペペロンチーノにして食べてみました。
CIMG5905.jpg

が、しかし、基本的な使い方は違っていたようです、、、



ちなみにこれが一般的な使い方だそうで。フランスパンに浸しながら食べるようです。
そういえばアメリカに行った時によくそうやってパンが出てましたっけ。
CIMG5907.jpg

スポンサーサイト

実はカーナビではカレー屋さんの住所が表示できず、以前行けなかった苦い思い出が
あるので、赤沢スイーツさんで大体の場所を確認しておきました。

こんなに大きな案内板が通り沿いに出ていました。
CIMG5895.jpg


ほそーい道を少し入ると現れた非常に個性的な建物。
トトロでも出てきそうな感じです・・・。
CIMG5875.jpg


階段の両脇には
CIMG5876-2.jpg


テラコッタのネコたち
CIMG5876.jpg


近所の人がうらやましい・・・。
CIMG5877.jpg


中も独特な感じですねー。
CIMG5879.jpg


これ、なんだと思います?
白砂の浜辺のようですが、「床」をアップで撮ってみたものです。
CIMG5882.jpg


店内にも、このお店を作る過程を記したアルバムが置いてありましたが、ほんとに
何から何まで手作りな感じです。
あ、ちなみに、注文したのは・・・確かチキンカレーだったかな。
少し辛くしてもらうことに。
CIMG5878.jpg

CIMG5884.jpg

CIMG5881.jpg


お料理が出てくるのを待つ間、奥にあるギャラリーを見てみました。
犬や猫をモチーフにしたかわいい陶器の品がたくさんありました。けっこうツボな品があったので
もし一人暮らしを始めるとかそういうシチュエーションだったらきっといっぱい買ってしまったかも。
CIMG5883.jpg

CIMG5885.jpg


カレーがきました。サラダとじゃがいものサブジもついてます。
お店でパンを焼いてるということなので、ライスではなくピタパンにしました。
CIMG5886.jpg

いろんな野菜が溶け込んでるルーはほっとする味でありながら、ほどよい辛さでもあり
おいしかったです。


らっきょうとマンゴーチャツネもついてきます。
CIMG5888.jpg


セットのアイスコーヒー。
CIMG5890.jpg


お店を出てから、裏庭?をちょっと見てみました。
CIMG5893.jpg


ここでパンを焼くんですね。
CIMG5891.jpg


この「勝手口」、すごくかわいくて気に入りました。
CIMG5892.jpg


実はお店をはいったところに少しスイーツが売ってました。
ついさっき赤沢スイーツでクッキーを買ってきたばっかりなのに、思わずこれも買って
しまいました、、、手作りクッキーに、クランベリーとヘーゼルナッツという、日本では
あまりポピュラーでない素材を用いているところがとても気に入りました。
ちょっと甘かったけどけっこうクセになったかも・・・クランベリーもヘーゼルナッツも
どっちも好きなので。
CIMG5898.jpg


壺小屋(ここや) 飯能市赤沢311 042-977-2828 11:00~18:00 水木休 Pあり
           マップコード 91102241*62

前から行きたかった飯能の奥にあるカレー屋さんを目指していたところ、途中の道沿いに
発見したこちらの看板。
CIMG5874.jpg

車を停めて寄ってみたのは言うまでもありません。
土曜日しかやっていない赤沢スイーツって、前から知ってましたが、そっか、今日は
土曜日だったんです、ラッキー♪

とてもかわいらしいお店。
CIMG5871.jpg

CIMG5872.jpg

中に入ると、クッキー、スコーンなどの焼き菓子が並んでいます。そして小さなお店
なのに二組の人が買い物中。すでに品切れているお菓子もちらほら。

スコーンが1つ60円から、とお値段もお手頃なのでぽこぽこカゴに入れてしまいました。
CIMG5873.jpg

するとお店の奥様が試食用のクッキーを、そのあとにご主人が紙コップに紅茶を
入れてくださいました。見るとほかのお客さんたちにも。

これはよもぎロール(だったかな)。
プライスカードに、「今日で最後です!」て書いてあったのと(この翌日から夏メニュー
になるのだそうで)、最後の1本だったので、思わずこれもカゴに入れてしまいました。
CIMG5897.jpg

夏のメニューは、オレンジとかチェリーとかマンゴーとか、大好きなフルーツのケーキ
がいっぱいのようなので、秋メニューになる前にぜひまた買いに行かないと・・・。

赤沢スイーツ 飯能市大字赤沢958番地3  042-977-4388 土曜9:00-17:00のみ営業


陽気がよくなってきて、晴れの日は暑いくらいですね。そんな季節になってくると来たくなる
こちらのお散歩コース。福生のかに坂公園あたりから、玉川上水沿いの道です。
CIMG5862.jpg


このちょっとした山道のような散策路がけっこう好きなのですが、この時期、犬毛に
べたべたとくっつく花?みたいなのが下にたくさん落ちてるのであまり長居ができません。
CIMG5863.jpg

CIMG5864.jpg

CIMG5865.jpg


犬がいてもいなくても暑い時のお散歩におすすめの場所です。
CIMG5867-2.jpg


ちょっとした理由があって、この日はステーキを食べることにきまってました。

それならそういえば、うどんの「のらや」の後にステーキのお店ができてたなと
思い、行ってみました。
フランチャイズなので夜の部が3時から始まっていたので、早めに夕食をとる
ことができてよかったです。しかもここはサラダデザートがバイキング形式
なのでこういうすいている時間にこられることもポイントです。
CIMG5846.jpg


CIMG5839.jpg


たくさん食べようと思ってたので、サラダで一皿、コーンと枝豆で一皿。
CIMG5840.jpg


カレーとスープ。このカレー、お肉がやわらかくてけっこう気に入りました。
CIMG5841.jpg


デザートの杏仁豆腐、プリン、コーヒーゼリーとフルーツ。
ここまではステーキの料金に含まれてるのですが、ドリンクバーは別(200円)。
CIMG5842.jpg


そして「けんステーキ」150g(1050円)。焼き方はミディアム。
プラス100円でガーリックチップをつけました。
CIMG5844.jpg

この値段でこんなに満腹になれるとは・・・という感じです。
今回初訪問だったのでメニューに対する知識があまりなくて、カレーのごはんを
よそってしまって、ステーキにもごはんがついてきてダブっちゃったり、コーンも
ステーキについてきてこちらもダブっちゃったせいもありますが。
サラダやフルーツやデザートが好きなだけ食べられるのもいいし、ステーキ
以外にもハンバーグ、ポーク、チキンなどもあったのでそれらもトライして
みたいですね。

また、店員さんの応対もとても丁寧で好感が持てました。

ステーキハンバーグ&サラダバー「けん」福生店 
福生市加美平1-13-1 042-553-8929 平日・土 11:00~15:00/
15:00~23:30(L.O.23:00)、日・祝 11:00~23:30(L.O.23:00)
無休(除12/31,1/1)  P完備


「いっぷく亭 遊」に行く途中にパン屋さんを見つけていたので帰りに寄って
みました。
CIMG5834.jpg


こんな山の中なのにいれかわりたちかわりお客さんが来て賑わってました。

グリッシーニみたいなパンもあって嬉しかったです。
普段買いに行くにはちょっと遠いけどドライブがてら時々立ち寄りたい感じです。
未確認なのですが檜原にはもう一件天然酵母のパン屋さんがあるみたいなので
そちらも行ってみないと・・・。
CIMG5835.jpg


森の風゜ 西多摩郡檜原村18  木休 Pあり

ふと思い立って檜原村へドライブしてみました。
CIMG5819.jpg

CIMG5822.jpg


目的はここのお店のビーフカレー。
CIMG5820.jpg

CIMG5821.jpg

CIMG5823.jpg

CIMG5824.jpg

CIMG5825.jpg


サラダとドリンクつきで1000円くらいのセットがあったのでそれにしました。

じゃがいもがごろん、ごろんと入ってます。ごはんは麦ごはんです。
CIMG5826.jpg


にんじんも
CIMG5828.jpg


ビーフも大きい。
CIMG5829.jpg

なつかしい感じのおいしいカレーでした。

CIMG5830.jpg


お店の先の方は払沢の滝へ続く山道になってました。
CIMG5832.jpg


払沢の滝くらいは知ってましたが、他にこんなに滝があったとは・・・。
CIMG5833.jpg


郷土料理の店「いっぷく亭 遊」 西多摩郡檜原村5493-1 バス停「払沢の滝入り口」
より徒歩1分 042-598-1053 11:00-16:30 無休 Pあり



以前は飯能の町の中にった「シーズ」というレストランが、名前を「La Nora」と
変えて場所も飯能の郊外に移転したと最近知って行ってきました。
「シーズ」は一度行ってみたいと思ってたので。

画像はWEBで見てましたが、その通り、素敵なお店です。
CIMG5779.jpg


開店時間の少し前についたのですが、すでに数人待っている人が・・・。
実はちょっと前にも同じくらいの時間に行ってみようかと思ってそばを通ったら
その時も外に女性グループが待っていまいたっけ。
検索ではあまりヒットしませんでしたがやっぱりすごい人気。
CIMG5771.jpg

この日も、どんどんお客さんが来てけっこうぐに満席になって入店をことわられ
てる人たちもいました。
CIMG5772.jpg


とってものどかな眺め。
CIMG5774.jpg


ランチセットは、看板メニューのオムライスのほかに、パスタがボロネーゼ、
2種のチーズ入りトマトソース、水菜とアンチョビ(ちょっとうろ覚え)、
ペンネのカルボナーラ パルマ産プロシュート添え(+100円)などがあり
1260円~。

色鮮やかなサラダ。この紫のビーツ?がけっこう酸味があります。
CIMG5775.jpg

トマトソースのパスタにしてみました。
CIMG5777.jpg


セットのアイスコーヒーと追加で注文した桜アイス。
CIMG5778.jpg

次回はオムライスにトライしてみたいです。

La NoLa 飯能市下加治243-25 042-971-5000
       11:30-14:00,18:00-21:00  水休 Pあり


非常に混んでいるという話なので、平日に休みを取り、さらに開店時間より早く着く
ように家を出ました。おかげで車は外の平地の駐車場に停めることができました。



なんともうすでに入口前にこんなに人が・・・。
CIMG5854.jpg

でもまあ、広いので、開店と同時にみんなあちこちに散って行ったので大丈夫でした。
待っている間にパンフレットで回り方とチェックするお店を検討。
ちなみに一番最初はBEAMSを見にいきました。

ここだけはけっこうしばらく行列ができてましたっけ。
自分がブランドマニアじゃなくってつくづくよかったと思います。
CIMG5855.jpg


レストランも、すぐこみだすんじゃないかと思って、11時の開店と同時にこちらの
ハンバーガー屋さんに入店。
CIMG5856.jpg


「スパイシーチリミートチーズバーガー」がすごくおいしそうだけど、GW後からの
提供のようです、残念。
CIMG5857.jpg


店内はアメリカのダイナーみたいな雰囲気。
CIMG5858.jpg


ハンバーガーのオニオンリングセットにしました。
CIMG5859.jpg


一番ベーシックなハンバーガーでこんなに分厚いんですねー。
CIMG5861.jpg

セットのドリンクを1サイズ大きくしたので1000円ちょっとしました。
ラーメン屋で1000円以上払うと高い感じがする・・・のと同じ感じで、ハンバーガー屋
さんでも・・・って思ってしまいますが、THIS IS THE BURGERとか佐世保バーガー
とかでもそうなのかな?よく知らないですけど。
オニオンリングもおいしかったし、とりあえずスパイシーチリミートチーズバーガーを
混雑緩和した頃にでも食べたいかも。

いくつか買い物をして、お昼すぎに帰ったのですが、案の定、少し経ったら外の
レストランはどこも行列ができてました。

さらに帰る時はすでに敷地内でも駐車場入庫待ちの渋滞がすごかったですが、
16号も1車線はアウトレットに入る人の専用レーンのようになってました。
この連休はどんなに混むんだろうと思うと、近くを通るのすら恐ろしい気がします。

先日、日の出のサティで買い物してたら目についたのがこれ・・・。
CIMG5780.jpg

ココナッツ、大好きですが、こうやって売ってるの、初めて見ました・・・。
値段が手頃だし小さくてかわいいし、一つ衝動買いしてしまいました。

家に帰ってネットで食べ方を調べてみたら、まずワインオープナーなどで穴を開けて
ジュースを飲んで、そのあとで殻を割って中の実を食べるとか。しかも殻がとても
硬いらしく、テーブルの上で割ろうとするとテーブルが壊れるくらいとか・・・。
ちょっとそれにひるんで数日間放置してましたが、後日またサティに行ったら今度は
食べ方の画像入りの説明が追加されてました。
CIMG5847.jpg


ボーリングの球の指を入れるところのような感じで少しへこんでいるところを包丁で
ぐりぐりやってからワインオープナーを入れてみたら小さい穴があきました。
CIMG5848.jpg


けっこう入ってました。
CIMG5850.jpg


次は難関と思われる殻割り。
サティにあった説明では「大きな包丁で切れ目を入れる」とありますが、包丁が非力だった
のか、切れ目なんて全然入りません。このままじゃ包丁がだめになっちゃうと思って、
強硬手段に出て、2階の高さから地面に落してみました。

すると、頭のとんがっているところにひびが入ったので、そこからめりめりと穴を広げて
いきました。
CIMG5851.jpg


そして果肉を内皮からこそげとります。ガリのようですね。
CIMG5852.jpg


ちなみに、これは「ヤングココナッツ」として売っていたので、ジュース分が多く、果肉分が
少なかったですが、熟成していくにしたがってジュース分が減っていき、果肉が厚くなって
いくと思われます。

そしてお味なのですが、ジュースの方は、思ったより甘いのですが、アクというのか
木の味のような雑味もある感じ。
果肉はもっと甘いのかと思ったら意外にそうでもないけど食感がちょっと楽しい。
「わさび醤油で」って書いてあるけど、せっかくのココナッツ、デザート風に食べたい
気がします。そうじゃなかったら、乾燥させてココナッツフレークにするか・・・。



ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。