2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

いつも時間のある時に記事をまとめて書いて、日時指定UP予約を
しているので、リアルタイムでUPできることがめったにないもの
ですから、今回は「かなり」珍しいです。

福生の人気ケーキ屋さん「カフェ・ドゥ・ジャルダン」で「王様の
モンブラン」を買おうとふと思い立って行ってきました。
jardinOCT1.jpg

jardinOCT2.jpg

ここの焼き菓子は、避けて通れないメレンゲ系がいろいろ
あるのでついそっちも買ってしまいます。
丸いのは、「ラスク」と書かれてた気がします。
jardinOCT9.jpg

jardinOCT4.jpg

木の実のタルト。かなり小ぶりでかわいいです。
jardinOCT5.jpg

名前失念、、、
これまた避けて通れないベリー系トッピングに加え、ハロウィン
仕様になってたので選んでみました。

jardinOCT6.jpg


なんと、ラズベリーのなり口のくぼみにもソースがちゃんと
入っててとてもかわいい。

スポンジの水分が多くてとーってもしっとりしていて、
そもそもスポンジよりもクリームやムースなど潤った
部分が好きなわたしにはこれまたツボでした。
jardinOCT11.jpg


これは確か、ベリーのチーズケーキ・・・なはず。
jardinOCT7.jpg

そしてそして、もう説明の必要もないくらいこのあたりでは有名な、
王様のモンブラン。
なにげに王冠の形もすっごくかわいい~。
jardinOCT8.jpg

中にはもちろん栗がまるまる。
jardinOCT10.jpg
わりと甘く感じますが、フォークを下までおろした時にカチンと
当たる一番下のメレンゲのサクサク感による食感の変化がいいです。
さらに、メレンゲ周辺にナッツのような香ばしさがあったような
気がして(違ったりして)これまた個人的に好きな感じでした。

でも。
基本的に、個人的なものさしだと、栗vs苺ならば苺が大勝なので、
これもおいしかったのですが、苺のモンブランの勝利かもしれません♪♪

それにしても、以前(かなり昔?)は、「16号のケーキ屋さん」という
名前で評判は良かったけどこじんまりとしていたお店だと思っていたの
ですが、お店に伺った開店間もない時間、「王様のモンブラン」は
すでにたくさんショーケースに入ってましたが、奥では、パティシエが
さらに大量の「王様のモンブラン」のクリーム塗りをしてました。
きっと、すっごくたくさん売れるんでしょうね♪

買ったケーキを入れてもらった大きな袋も、同業他社ではあまり
見られない、店名&店舗の絵入りの袋でしたっけ。
雑誌やテレビで紹介されて、さらに大人気になる日も遠くなさそうな気がします。







カフェ・ドゥ・ジャルダン 福生市福生2403-14 042-553-2225 10:00-19:30
月・第2・4火休 Pスペースあり(店右側の私道に3台分)

*11月は23日(火)のかわりに24日(水)が定休。
*25日(木)は「お客様感謝DAY」でサブレシュー140円→110円。
*16-23日は13th Anniversaryとしてスペシャルメニュー満載とのこと!

スポンサーサイト

思えばけっこう前から葉っぱがたくさんの「AURORA」という建物が16号沿いに
あるのは知ってたのですが、まあ雑貨屋さんか何かかなと思っていたら、
いつのまにか「木を植えるカレー屋 cafe」という看板が出ていました。


個性的なお店が並ぶこの通りの中でもひときわ目を引きます。
aurora1-2.jpg

中は白い洞窟風で、なんでかこういう雰囲気だと、スペイン料理
のお店を連想しちゃいます(笑)。
aurora1-3.jpg

あちこちにある淡いオレンジ色のは、ランプも含めて岩塩のようです。
aurora1-4.jpg

aurora1-6.jpg

カレーを食べるつもりで来たのですが、まかない定食について
聞いてみると、チキンのスパイシー炒め、みたいな感じだった
ので、そちらにし、ドリンクとデザートにブリュレも注文。
aurora1-5.jpg

テーブルには岩塩の入ったソルトミルが。
塩って、赤唐辛子と並んで大好きな調味料なので、これは
すごーーーーく嬉しい。テンションがあがります。
aurora1-7.jpg

窓際の席はこんな感じ。すぐ外が16号とは思えないような雰囲気。
aurora1-8.jpg

オーガニック食材を使用しているこちらのお店では、コーヒーも
ホットから入れてアイスにして出されるとのことで、香りがとても
豊かです。
aurora1-9.jpg

セットのスープとサラダ・・・というより、以前「これく亭」でも
頂いたアチャールかな?
aurora1-10.jpg

aurora1-11.jpg

まかないランチがきました。
ごはんは雑穀米。これまた白米より好きなくらいなので、ツボに
入りまくりです。ちょっと油で炒めてあるのか香ばしくておいしい。
aurora1-12.jpg

後から来たお客さんにまかないの内容を店員さんが説明しているのが
聞こえてきたのですが、「照り焼き」と言ってるではないですか。
「スパイシー」「チキン」しか聞いてなかったのか汗。
実は照り焼きってあまり好きな味付けではないので選ぶことがないの
ですが、これはしょうゆもきつくなくておいしく頂けました。
aurora1-13.jpg

「炙り砂糖のクリームブリュレ」480円。
おいしいけど、ランチとセットにできるとさらに嬉しい。
aurora1-14.jpg

店名にある「木を植える」は、カレーをオーダーすると同時に
ヒマラヤの植樹活動に寄付ができるとのことのようです。
あ、だからまかないに比べてカレーの値段が少し高いのかな。

カレーもいろいろ種類があるので、次回はぜひカレーにして
植樹に協力したいですね。
ドリンクも、自家製ジンジャーエールとか、飲んでみたいし
何よりお店の雰囲気がとても癒される感じで落ち着くので、
再訪確定です。

木を植えるカレー屋 AURORA(オーロラ)福生市福生二宮2477
 042-539-4139 Lunch 11:00-15:00, Dinner 17:00-21:30(L.O)Cafe終日
 1000円以上の利用で近くのコインパーキングのチケット配布
 (平日休日、グループ利用の場合など制約あるのでHPで要確認)


なんどもおじゃましている福生の「頑徹」さんの汁なしあえそば。
定期的に食べたくなるものの一つです。
gantetsu0.jpg

gantetsu0-2.jpg

カウンターの上のラー油は、手作りかな?
gantetsu1.jpg

あえそば登場。今日も美しいビジュアルでおいしそうです。
gantetsu2.jpg

コロコロの炙りチャーシューもおいしいです。
gantetsu3.jpg

今日も大満足。
gantetsu4.jpg
そういえばまだ食べたことないけど冷やし中華もあっりましたっけ。

麺屋 頑徹  福生市加美平2-3-10 042-553-8540 11:00-23:00 店裏にPあり

熱々の食べ物にはあまり興味がないので、あんかけスープのおかげで
いつまでも熱い酸辣湯麺はあまり食べないアイテムです。

でもなんとなくこの日は食べてみたくて、福生西友の北京菜館にて
頂きました。
pekin-su-ra1.jpg


麺はもちろんのこと、スープも見えない(って表現も変ですが)くらい
具だくさん。
pekin-su-ra4.jpg

危惧していた通り、口の中を火傷しました(^^;)。
熱いけど、あまり辛くないです。
pekin-su-ra5.jpg

ランチセットについている炒飯、サラダ、ザーサイで熱さを
緩和しました。
pekin-su-ra2.jpg

pekin-su-ra3.jpg


北京菜館 福生西友内



その存在はずっと知ってましたが、「海鮮和食」とかってあまり
自分から選んで食べないので一度も入ったことがなかったのですが・・・

もしかしたら西多摩エリアに関するお店情報量は練馬住民の中でNo1では
ないかと思われるManoaさんの東京ウエスト2にて、ファミレス風外観で、
ハンバーグやミルクレープもある味里があると知り、ようやく食指が。
ajisato6.jpg

ajisato4.jpg

んー。画像整理してて「浜松産うなぎ」に気がつきました。
行った時はハンバーグもしくはメンチカツあたりにロックオンしてた
ので、メニュー見たときは気がつかなかったです、、、
ajisato5.jpg

オーダーしたのはこちらのハンバーグとメンチカツ定食。
(正式名&値段は失念)
ごはんは多そうだったので、1/3程度に減らしてもらいました。
ajisato1.jpg

この目玉焼きがなんだかなつかしい感じというか、鉄板に
貼りついていて白身部分を食べることが大変でした(笑)。
でもメンチカツもハンバーグもおいしくて満足。
ajsiato2.jpg

さらに、「携帯で空メールを送るとお得なことがあるかも?」的な
のがあったので、お料理が出るのを待っている時にやってみたら
ドリンク1杯無料が当たったので、ウーロン茶を頂きました。
ajisato3.jpg

このメニューラインナップだったら再訪ありですね~。

味里 神明台店 羽村市神明台3-5-1 042-554-8655
11:00-22:30(L.O) P完備

お気に入りの「ベッカライ・ツェッペリン」でパンを買い、ランチは、
出かける前にネットで住所だけチェックしてきた入間のイタリアンへ。
住宅街の中でけっこう目立つ真っ白な一軒家。
senzano1.jpg

「豚ひき肉の白ワイン煮込み」パスタがおいしそうだったのでここに決定。
デザートもつけてみようかな。
senzano2.jpg

ドアを開けると、まず目に入ったのがギャルっぽい若い店員さん。
あんまり一軒家イタリアンでは見かけない感じなので新鮮です。
厨房には男性2人。1人は茶髪の若者で、ギャル店員さんの旦那さん
とかなのかな。そしてもう一人がオーナーシェフといった感じ?

お水のグラスがとっても大きいです。
かなり暑かった日なので、そんなに水は飲まないけど、これだけで
なんだかちょっと癒されます。
senzano4.jpg

セットのサラダ。意外と量があります。
この1/3くらいの量のランチサラダのお店だってあるのに。
ドレッシングではなく、シンプルにオリーブオイルがかかってます。
senzano3.jpg

自家製フォカッチャ。
タイム?の香りが効いています。
senzano5.jpg

パスタがきました。
パセリたっぷりパルミジャーノたっぷりでかなり好みのビジュアル。
味付けはそんなに濃くないですが、お肉もやわらかくてたくさん
入っていておいしいです。
senzano6.jpg

セットのアイスコーヒーと
senzano8.jpg

380円のデザートラインナップの中から「いちごのセミフレッド」
を頼みました。
senzano7.jpgんんんー、でもお値段の割にちょっと小さめかな?
最近ではランチセットのデザート追加が100円台とかでできるお店
もありますからねえ。
これに小さいジェラートとフルーツがちょこっと盛られてて
ソースもかかってたりすればまた印象が違うのかもだけど。

でも、他のテーブルのお客さんたちもみんなデザート頼んでた
ましたっけ。

店内の黒板に書いてあった夜メニューもおいしそうだったし、
「ケッカソース」とか「サルシッチャ」とか「セミフレッド」
とか、出てくるメニューの名前も本格的なものが見受けられます。
ランチメニューのコスパもとてもよいと思います。

SENZANOME(センツァノーメ) 入間市下藤沢323-1 04-2936-9317
11:30-14:00(L.O),17:30-22:00(L.O) 月・第3火休 Pあり


横田基地第2ゲート前にあったカレーの「HATHI」がちょっと前から
違うお店に変わっていました。
キョロキョロしてなくても気がついてしまうほどの目立つ外観。
手前にヤシの木もあって、まるでカリフォルニアのLA周辺とかに
あるお店のようです。
gp00.jpg

常設メニューを描いた看板も、思わず立ち止まって見てしまいます。
gp8.jpg

日替わりランチもあるみたいです。
gp7.jpg

店内はこんな感じです。このあと、基地の外人さんたちを中心に
どんどんお客さんがやってきました。
gp3.jpg
日替わりランチは設定されていたものの、豊富なメニューのほとんど
が同じくらいの価格であるため、日替わりの「ヤムセンレック
(=シーフード冷製サラダ麺)が気になったものの、メニュー横に
ついている赤唐辛子マークがなかでも多めの「バッキーマオ
(=辛口太麺焼きビーフン)780円」にしました。


日替わりランチも含めてドリンクがついてないみたいだったので、
ココナッツジュース380円も一緒に注文。
白く見えているのはココナッツの果肉です。
gp1.jpg

各テーブルには赤トウガラシやナンプラーの調味料セット。
gp2.jpg

バッキーマオと、麺類についてくるスープ登場です。
gp4.jpg

少し頂いてみると、そんなに激辛な感じでもなかったので、
テーブルの赤唐辛子を1杯と、ナンプラーを適宜かけながら
頂きました。
gp6.jpg
それによって辛くなってしまったのか、実は後から来る辛さだったのか
定かではないですが、なかなかパンチのある辛さになってきました。

スープは、薄味で野菜もけっこう入っていて、とっても
ほっとするやさしい味でした。
でも、スープってことでやはりアツアツなので、辛い物を
食べている時に熱いものはあまり歓迎しないわたしは
最後の最後まで待って冷ましてからおいしく頂きました。
gp5.jpg
福生も赤線の方まで行けばタイ料理屋さんとかありますが、夜営業
だったり入りにくかったりするので、こういったオープンな感じの
タイ料理屋さんができたのは嬉しいです。
他にも気になったメニューがいろいろあったので、通いたいお店です。

こちらも前のお店同様際コーポさんのお店で、都内にも同名店がある
みたいでした。

グリーンパッタイ 福生市福生2212 042-551-3303 11:30- Pあり

どこかのドラッグストアだかで、ふと目にとまったこの
パッケージ。

中のボトルがすごくかわいい~~。
anue1.jpg

裏に載ってるたくさんの写真の雰囲気もGOOD。
anue2.jpg

お値段も1200円程度とお手頃だったので、買ってみました。
anue3.jpg
使ってみると柑橘系の香りがまた好み。
「しっとり」とか「とろみ」とか書いてあるけどどちらかというと
さっぱりしたテクスチャーな気もしますが、この暑い夏に
ぴったりな感じのさわやかさ。
ただひとつちょっと気に入らないのはボトルが重たいガラス製な
ところでしょうか。化粧水のボトルは軽めがいいなあ。


それにしてもこの香りってなんか懐かしい・・・と考えてみて
わかりました。
最後に使ったのは20年くらい前でしょうか、よく覚えてませんが、
日焼け後にパシャパシャと使う、青いおにぎり型の容器に入った
たしかカネボウのローションの香りがこれと似ていた気が。
あれも、大好きなアイテムでした。


ここ最近、「平家の郷」の前を通るたびに気になっていたんです。
heike7.jpg
この画像にも小さく写っていますが、「ピリっ辛」と書かれた赤い幟。

席について渡されたメニューには辛そうなものはない模様。
heike1.jpg

聞いてみると、出てきたのがこちら。
なるほどー、ハンバーグのソースのことだったんですね。
これだったら、おぼろげな記憶では、「あまり辛くない」というのを
聞いたことがあったような気がしたので、方針変更し、チキン南蛮
のランチ780円にしました。
heike2.jpg

お味噌汁とライス(少なめにしてあります)、そしておなじみの
田舎漬けもついてきます。
ハンバーグ並みに油もたくさん撥ねます。
heike4.jpg

漬け物に対してまったく執着はないのですが(あ、ピクルスは
好きですw)、ここの田舎漬けはなんだか好きです。
heike5.jpg

チキン南蛮はけっこういつまでもアツアツで、口の中けっこう
やけどしながら頂きました。
かかっているソースは、タルタルソースっていうよりもマヨネーズ
に近かった印象。
heike6.jpg
そうそう、サラダバーなんかもできていました。
ブロンコビリーやビッグボーイのそれと比べるとかなり小規模な
感じですが。

冒頭には、ここの辛いソースがあまり辛くないって聞いた気が
する・・・と書きましたが、もしかしてそれは、過去の訪問の時
に頼んだソースのことなのかも?って気もしてきました。
やっぱりまた行って食べてこないとかな。

平家の郷 西立川館 立川市西砂町1-65-2
0066-9674-19369 (予約専用,通話料無料),042-531-7655 (問合せ専用)
11:30-15:00(LO14:30),17:00-23:00(LO22:00) 土日祝中休みなし Pあり

9月と言うのにまだまだ暑いある日、どこか近くて涼しいところは
ないかなということで檜原村の払沢の滝へ行ってみました。
hossawa12.jpg

途中にある郵便局のたてものはとても素敵。
中にちょっと工芸品みたいなのが売っていました。
hossawa11.jpg

実はちょっと食べてみたかったじゃがバーガー(先に見える
赤い幟)なのですが、土日のみの販売でした。
hossawa1.jpg

はるか眼下の清流がとても涼しげです。
hossawa2.jpg

hossawa3.jpg

hossawa4.jpg

ほどなく現れた水場は、ちょっと近寄ってみただけで気温が
周囲と明らかに違うのがわかりました。
hossawa5.jpg

滝に到着。ここもとても涼しい。
hossawa7.jpg

岩にずっと座っていたい気もしますが、写真を撮る人もたくさん
いるので遠慮します。
hossawa6.jpg

hossawa8.jpg

モンシロチョウに似た白い蝶たちがじっと休んでいました。
hossawa9.jpg

hossawa10.jpg

おなじことを考える人が多いのか、他にも3組くらいのわんこ連れに
会いました。

ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。