2011 / 10
≪ 2011 / 09 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそらく、練馬区民の中で一番、多摩地区のお店に詳しいと
思われるおなじみの大人気サイトでまたまたかなり気になる
お店が紹介されていました。
DSC01119.jpg
まだ暑かった頃のことですが、行ってきました。


お店の前、停めにくそうだなあ・・・と思ったら、
DSC01118.jpg

すぐ近くの駐車場にちゃんとじゅうぶんな台数分確保して
ありました。
DSC01117.jpg

DSC01117-2.jpg

新しい店内はきれいで居心地もいいです。
DSC01103.jpg

ランチは基本、丼(スープ+丼+ドリンク\1000)かパスタ(前菜+パスタ+パン+
ドリンク\1200)かパエリア(前菜+パエリア+ドリンク\1500)のようで、
この日は牛たたき丼ポン酢ソースゆず胡椒添え、豚バラと水菜のペペロンチーノ
そしてやりいかとブロッコリーのトマトソースでした。

ランチセットの前菜盛り合わせ。
DSC01105.jpg

DSC01106.jpg

一口サイズの前菜がいろいろです。
手前が鯛のプランダードと自家製ピクルス、
奥がスモークチキンとライスコロッケ。
DSC01108.jpg
ちなみに・・・
プランダードとは、プロヴァンス地方の料理で、干しダラを
柔らかく戻したものをほぐしてオリーブオイルと練り上げたもの、
だそうです。


えびとズッキーニのマリネ
DSC01109.jpg
この前菜たちを見ているだけでもテンションがあがってこれから
出てくるメニューにさらなる期待がもたれます。

壁のボードに、「本日のスープ 枝豆の冷製スープ」と
あったので、枝豆好きとしては素通りできず、こちらも追加。
すっきりしていながらも枝豆の旨味が感じられます。
DSC01111.jpg

こういうふうなスタイルで出てくるバター、ずいぶん
しばらくぶりでした。
DSC01110.jpg

豚バラと水菜のペペロンチーノ。
DSC01112.jpg

大好きなアイテム、自家製唐辛子オイルも登場です。
ここでまた更にテンションアップ。
DSC01114.jpg

あまり辛くないのでさっそくかけてみると、このオイル
がなかなか辛くておいしい。しかも中に入っている
タイムの香り?が効いてます。
DSC01113.jpg

セットのアイスコーヒー。
ミルクとガムシロがちゃんと器に入っています。
DSC01115.jpg

デザートメニューの中に、チョコミントのケーキ、という
文字を見つけてしまったら、チョコミント好きとしては
またまた素通りできずこちらも注文。

ミント度はそんなでもなかったのですが、うれしい誤算?が
一緒についてきたフランボワーズのシャーベット?
DSC01116.jpg
全ておいしく頂き、お会計をしにレジに立つと、入店時には
気付かなかったのですが、パウンドケーキ、カヌレ、そして
さきほどの自家製唐辛子オイルがショーケース内にて販売
されているではないですか!
唐辛子オイルはもちろん、カヌレも好きなのでカヌレ、そして
パウンドケーキも買って帰りました。
DSC01121.jpg

ひさしぶりにカヌレ食べましたが、おいしかった~。
DSC01120.jpg
イタリアンのお店かと思ってましたが、プロヴァンス料理
とかカヌレとか、しっかりフレンチなのですね。
どれもとても丁寧に作られている感じがよく伝わってきました。

ここはきっと・・・大人気店になるのでは。
エリア的に近い「アイムホーム」と客層がかぶりそうですが、
お料理に関しては双方のファンがいろいろいらっしゃるでしょうが、
駐車場の台数と停めやすさはこちらが一歩リードかな。


カフェレストラン縁 青梅市長淵4-481-6 0428-78-4897
 11:00-15:00(Lunch),15:00-17:00(Tea) 17:00-21:00(L.O.Dinner)
水、第3火休 P7台



スポンサーサイト

過去にこの名のつくラーメンを食べたのは2回ほど。
最初はかなりの昔、新宿の「利しり」というお店だったと思うの
ですが、職場の人に連れていってもらいました。

2度目は福生の田園通り入口にある「孫六」というお店。
最近改装して綺麗になったようですが、旧店舗の時に。

前者は昔すぎて記憶があまりないのですが、オロチョンラーメンに
対してずっと「辛旨」な印象を持っていたということは、おいし
かったと思われます。
「孫六」でもおいしく頂いたのですが、なんだか着ていた服に
お店の匂いがついたので(焼肉屋にでも行ったかのように)
なんとなくそれっきりに。

そのうち「味源」で食べようと思っていたら、福生の銀座通り、
讃岐うどん「麦太」の跡にできた北海道ラーメンのお店のメニュー
にあったので、ひさしぶりにいただいてきました。
DSC00683.jpg

新しいお店だけど、たたずまいはすでに町のラーメン屋さん。
カウンターにはやさしそうなご夫婦、喫煙もOK、わたしが
行った時は、ご近所のおばあちゃんたちが4人くらいで
ラーメンを食べてました。

注文はもちろんオロチョンラーメン。
入口の戸のところに、本日餃子がお得、的な紙が貼ってあった
ので、餃子も一緒に注文。

着丼したその姿は、思い描いていたよりもだいぶ薄い色のスープ。
DSC00684.jpg

想像よりも辛さもずっとマイルド。
DSC00686.jpg

そして北海道ラーメンの何が好きかと言われると、これが一番、
な黄色いちぢれ麺。
DSC00685.jpg

続いて餃子が出てきました。
DSC00687.jpg

ラーメンに、ラー油などを追加しているのをご主人が見てらした
ようで汗、「辛くしたかったらこれどうぞ」と、ギャバンの
大きな調味料缶をくれました。カイエンペッパーでした。

すごくインパクトのある味とかではないのですが、お店、そして
店主ご夫婦の雰囲気がとても居心地良く、また来ようと思わせる
お店でした。帰りにお得な割引券も頂いたことだし。

少し先に数台分の駐車場もあり、そこにもお店の赤い幟が出ていて
とてもわかりやすくてよいです。



・・・がしかし、残念なことに、10月10日(だったかな)で閉店してしまった模様。
営業期間は1年にも満たないような気がします。やさしそうなご夫婦だったのに
残念です。体調などにかかわる閉店でありませんように・・・。

新聞折り込みチラシに珍しく、福生市役所近くのお蕎麦屋さん「きさらぎ」の
ものが。期間中一度お店に行って、指定されたメニューをオーダーすると、
次回使える、お得な半額クーポンをもらえる、というような内容だったので
行ってきました。

お店前の駐車場2台分はすでにいっぱい。
隣にあるコインパーキングでも割引があるようなのでそちらに。
DSC01308.jpg

クーポン対象になるお蕎麦は計3品ほどあったのですが、お気に入りの
ぷりぷりエビとおろしぶっかけ蕎麦が入っていたので迷わずそれに。

しかも、横に小さな字で「大盛り無料」とあるではないですか。
おそば屋さんに行くと、どうしても、おいしいのだけど、量的に
じゃっかん物足りなかった感が否めなかったことが多かったので、
迷わず大盛りで。

あと、これはオーダー後気がついたのですが、揚げ餅もしくはきす天の
トッピングが100円であるようだったので、天ぷらでは穴子かきすか
というくらいきす天が好きなので迷ったのですが、あまり食べる機会の
ない揚げ餅をトッピングでいただくことに。

DSC01305.jpg


単品で確か400円台だったアイスコーヒーがつくなら、って
思ったのですが、チラシ対応のものは単品のみだったようでNG。

DSC01306.jpg



DSC01303.jpg
ぱっと見、大盛り感はあんまりないかな・・・?
でも食べていくと、それなりのボリュームがありました。


DSC01304.jpg

海老は今日もぷりぷり。
揚げ餅は、普通のお餅を揚げたものだったので、のび~る
感じでした。
DSC01307.jpg

麺も大盛り、トッピングも追加したおかげで量的にも満足、でした。
また今度クーポン持って行かないと♪



十割そば きさらぎ 福生市志茂209-1 042-553-8739
  11:30-15:00,17:30-21:00(売り切れ終い)火休 Pあり

ちょっと前に、東福生の八高線の踏切を待っていた時、道端に小さな黒板が
置いてあって「UZU Cafe」と書いてあるのに気がついたので、後日確認に。

こんなところにこんな建物があったとは、、、
DSC00769.jpg

DSC00770.jpg

キーマカレー以外はスープ中心のよう。
暑かったので、あったまるスープよりもカレー!
DSC00770-2.jpg

夜・・・というか、もともとははライブハウスのようです。
しかもけっこう歴史ある感じ。
DSC00759.jpg

店員さんの感じもよく、お店はやはり煙草臭がしているけど
けっこう落ち着けます。
DSC00760.jpg

しばらく待って、カレー到着。
DSC00761.jpg

サラダと、「パンにつけてどうぞ」という自家製バジルペースト。
DSC00762.jpg

おいしい自家製天然酵母のパン。
店頭で販売してくれないかな・・・。
DSC00765.jpg

わかりにくいですが、器がとても深いので、キーマ
カレーはかなり量もたっぷり。
DSC00763.jpg

さらに、ひき肉もたっぷり。辛さはそんなでもないです。
DSC00764.jpg
パンが食べたかったのでセットをパンにしたけど、カレーに
対して明らかに量が少ないので、辛いの苦手な人とかは、
ライスもしくはもうひとつの選択肢であるコキール(実物は見て
ないのですが、店員さんの説明から想像するに、にんにく屋とかで
よくアイスをのっけてる分厚い食パンの塊の、あのパンっぽかった?)
の方が配分的にはいいかも。でも、カレーと一緒にあのパンは
どうなのかな? そうなるとスープのがおすすめなのかな。

セットのアイスコーヒー。
DSC00768.jpg

デザートも追加しちゃいました。
DSC00766.jpg

何種類かあって、コーヒーゼリーがいいかなと思ったけど
そのときはなかったのでチーズケーキに。
DSC00767.jpg
けっこうしっかりしたチーズケーキだったので、バニラアイスと
合わせると、こってり乳製品がダブルで来た感じで私には重かった
かなあ。バニラアイスとか大好きな人にはいいのかも。


UZU Cafe 福生市武蔵野台1-3-12 042-551-4477

記事には関係ないのですが・・・。

ブログ開設以来愛用させて頂いていた青空のテンプレートが
いつのまにかなくなってしまっていたようです、、、
ずっと変えないつもりだったので、とても残念です。
とりあえず暫定的にハロウィン風のにしてみました。




さて、不二家レストランで、10月31日まで限定の「ハンバーグ
ステーキ&手づけ海老フライのお得なセットライス・ドリンクつき
999円」を食べてきました。
DSC01159.jpg

「ケイジャンチキンのジャンバラヤ風焼きごはん」も気になるなあ。
これもスープとドリンクつきです。
(が、後でお店のサイトを見たら載っていなかったので、もしかして
もうなくなってしまっているかもしれません、、、)
DSC01160.jpg

スープバーのスープと、ドリンクバーから持ってきたアイスカフェラテ
だったかな? ホット用の機械でアイスも作れる、ドリンクバーでよくある
タイプのでしたが、こわいくらい勢い良く吹き出してきてました汗。
DSC01157.jpg

「ご試食頂いてますのでどうぞ」と持ってきてくれたスフレフロマージュ。
DSC01158.jpg

メニューで、大好物のオニオンリングを発見してしまったので注文。
DSC01161.jpg

ハンバーグがきました。
白とびしていてわかりませんが、ライスは例によって少なめに
してあります、念のため。
DSC01162.jpg

けっこう大きいです。海老もサクサク。
DSC01163.jpg

普段だと1533円のようなので、期間内ならお得ですね。


不二家レストラン 福生田園店

ラーメンは、けっこうよく食べますが、その中でも意外に食べない
ジャンルである家系と呼ばれる豚骨醤油のスープ。
今回、それが売りのお店に行ってきました。

それにはわけがあり、開店1週間前に開催された試食会に誘って
いただいたから、なのですが、誰にかというと、ZATSUさんにです!
ラーメンに対して詳しい分析なんて全くできないのにほんとに
大丈夫なのか、など確認させて頂いた後、謹んで参加させて頂くことに。

北口を出て国立方面へ、線路沿いの道を少し歩いて、この看板が現れたら
ほっそい道を左に入り、民家の横をかすめたりしつつうねうねと進みます。
DSC01323.jpg

お店に到着。これは帰るときに撮りました。
ついた時は数人の列が出来ていて、並んでいるっぽい感じだったので、
ああ混んでるんだなと思ってなんとなくその最後について立っていたら、
離れたところから来て声をかけてくださったのがZATSUさんでした。
DSC01322.jpg
もう、ブログを読んでいてイメージしていた通りの好青年でしたよ。
ぶっちゃけ、ZATSUさん以外のお店の人やお手伝いの人?たちは、
まだトレーニング前?の人もいたり、忙しかったりで、あまり
フレンドリーな雰囲気がなかったのでZATSUさんの応対にかなり
救われた感じがしました。

すぐに中に入れて頂き、この日試食できるラーメン2種類、
「らーめん」(豚骨醤油)か、「マスターの独り言」という
ネーミングの八王子ラーメンのどちらか、もしくは両方を試食
できるとのことなので、せっかくなのであまり頂く機会のない
豚骨醤油にしてみました。

このお店は、「つばさ家」というお店の店長さんと、帝国ホテル
出身料理人のマスターさんの二人の料理人がいるお店、という
ことでいいのかな?
カウンター10席程度のお店でしたが、贅沢ですね~。

ラーメン通でないわたしは、いつも同じ基本の味を食べに
ラーメン屋さんに行くことは少なく、多くの場合限定メニュー
などを目当てに行くので時々メニューが変更になるのかなと
勝手に予想している「マスターの独り言」や、お店のサイトに
出ていた、「料理人の遊び心が満載された数量限定のメニュー
」である「らーめん遊」というこれまた限定メニューが興味津々
だったりします。


セルフサービスのお茶はジャスミンティーで、おいしいです。
DSC01314.jpg

懐かしい感じのライトが明るく灯る店内は、木のカウンターと椅子が
落ち着ける感じです。椅子が回転する四角い木のものでしたが、
回転させないと出入りできない感じなので、隣に人が座っていると
ちょっと出にくく感じますが、カウンター下収納スペースの他に椅子
にも荷物を下げられるようになっていたり、子供用の椅子を装着できる
ようになっていたりするようで、多機能。


気になるピッカピカの調味料トレー。赤くておいしそうなのがあります。
DSC01315.jpg

DSC01316.jpg


後列にハイセンスな姿を発見。
をを、プラックペッパーではないですか。

個人的に、基本的なラーメンには、もしかけるのなら「ラーメンコショー」
的なものが好きなので使いませんでしたが、こんな容器に出会える機会も
あまりないだろうから、今思えばごりごりやってみたかったかも・・・。
DSC01317.jpg

お店の名前入りTシャツ。ラーメン屋さんのTシャツはみんな黒ですね。
右の人がつばさ家さんで左の人がマスター、なのかな?
DSC01318.jpg

らーめん来ました。
オーソドックスな豚骨醤油のルックスです。
DSC01319.jpg

そうそう、麺の硬さ、味、油、などカスタマイズできるようで最初に
聞いてくれます。油だけ少なめにしてもらいました。

まったりとしたスープは、かすかに獣臭を感じましたが気になるほど
ではなく、おいしいです。豚骨醤油もいいですねー。
途中からは赤い調味料プラスで辛くして頂きました。
DSC01320.jpg

麺は、色がやや黄色がかっているのでテンションがあがりました(笑)。
長さがけっこう短かったです。
ラーメンは、一すすりですくった麺を切らずに全部すすることを
モットーにして常に食べていてますが、これは、麺をすする力が
異様に弱い女子とかでも食べやすそうな感じです(笑)。
DSC01321.jpg
おいしくいただきました。
ZATSUさんはほんとにお疲れさまでした&お誘いありがとうございました。

ラーメン屋さんがたくさんある立川ですが、がんばって頂きたいですね。
21日金曜日がオープン日です。




麺屋はやぶさ 立川市曙町2-16-1 屋台村パラダイス(ヤタパラ) A4-5
  11:00-15:00,17:00-23:00
無休(GW・夏季・年末年始休業有り)

冷凍庫がすいてきたので、震災後にお取り寄せチェックをしていた時
目を付けていた「いばらきベーグル」のベーグルをお取り寄せしてみました。
DSC01164.jpg

DSC01167.jpg

DSC01168.jpg

季節限定ものも含めて20種類以上もあるベーグルは、茨城県産の野菜を使用
したものが中心で、それぞれ3個入りでプレーンが504円、ほかは使用している
野菜によって値段もばらばらで、一番高いのが初夏限定ブルーベリーの819円。

夏季限定のとうもろこしも頼みたかったのですが、残念ながらなかったので、
枝豆、ブルーベリー、きび、たまねぎなどを注文。
あとは、えだまめとブルーベリーのクリームチーズも一緒に。
DSC01169.jpg

右下の黄色いのは、玄米粉かぼちゃベーグルで、お店の方がサービスして
くださったもの。明細書の下には、かわいらしい手書きの文字でお礼の
言葉が添えられていました。
DSC01166.jpg

ふんわりもっちりしたベーグルは、素朴でやさしい味わいでした。
クリームチーズもあっさりとした中に素材の甘みが感じられて
こちらもほっこりとするおいしさでした。

これは、枝豆ベーグルに枝豆クリームチーズを塗ったところ。
ひどいピンボケですみません汗、、、
DSC01172.jpg

使用しているのが茨城県産の野菜、国産小麦粉、と、余計なお世話ながら、いろいろ
大変なことも多いのではと心配してしまいますが、がんばっていただきたいです。


いばらきベーグル

相変わらず行ってすぐに更新ができなくてすみません、、、

ちょっと前にやっていた立川伊勢丹催事場の「新店舗開店10周年
チアアップ 立川・多摩・武蔵野~地元再発見~ 秋の味祭展」
というイベントに行ってきました。

土日にしか行けないし、混んでるだろうし、普段普通に行ける
お店もたくさんだし、どうしようかなーーーと、直前まで行くか
どうか迷ったのですが、改めてチラシを確認すると、近隣以外で
気になるアイテムがけっこうあったので行ってみることに。

ちなみに伊勢丹に行くときは、いつも開店直前に着くように
行きます。
実は伊勢丹の地下の駐車場が大好きだったりするので(笑)。

係員の人たちがみなホテルマンのように丁寧な接客で、
単なるデパートの駐車場なのですが、なぜだか特別な気分を
味わえるというか、とにかく好きです。

特に、行くとだいたい下の階に降りてくるにつれてたくさん買って
「もう持てないー」状態になっているのですが、そのままB2まで
エスカレーターで降りればもうそこには係員さんが待っていて
「お帰りなさいませ」的な丁寧さで誘導してくれる。

車が出てくるまで椅子に座って買ってきたものを眺めたりしている
時間も幸せ(笑)。



で、この日は、催事場へ上がると、混雑はまだそうでもなかったので
ひととおりぐるっと見て、何を買うかを決めます。

入り口でけっこう衝撃だったのが、実は買おうと思って目をつけていた
ケーク・ド・サレ。

チラシ画像ではパウンドケーキ1本分くらいの大きさに見えたのですが、
実際は、小さめなかまぼこくらいの感じ? でもあまりお目にかかれる
ものじゃないしなと思って、とりあえず試食をさせてもらったら、
味はおいしいのだけど、ちょっと口の中の水分を奪われる感じ
(これは全般的にけっこう苦手、、、)だったので断念。

最初に買ったのは、その向かい側にあるシフォンケーキとプリンの
お店でした。
ここは、八王子の楢原あたりにあって、前から存在は知ってたのですが、
なんとなく行く機会を逃してたのでこれはいい機会、と思って、
シフォンケーキは前述のケーク・ド・サレと同じ理由でスルーなので、
プリンのみ購入。なんとロイヤルミルクティーのフレーバーのがあった
のでそれと、基本のやつを。
DSC01268.jpg
まったりとろーり濃厚でおいしかったです。
甘すぎとかしつこいとかは個人的にはあまり感じませんでした。
楢原は西八王子方面に行くときいつも通るのでまた買ってみたいかも。

また容器がかわいいですね。
小さな秋の野の花を飾ってみたくなります。





あと、何度も前を通って品揃えを確認してしまったのが、噂には
きいていた「インカメラ・コンテラッツア」!

イタリアンなお惣菜などがちょこちょこと売ってたので、チキンの
トマト煮バターピラフ添え・・・みたいなものと、野菜のグラタン、
みたいなのを購入(正式名称覚えてなくてすみません)。

バターピラフはまだできてないといわれてしまったので、幅広の
パスタをかわりに。

DSC01264.jpg
右側のは、キムチじゃありませんよ、トマトソースですよ~。
トマトソースは、万人受けしそうなやさしいお味でした。

野菜のグラタンは、いただいてみてびっくりしたのですが、
ゴルゴンゾーラかな?ブルーチーズがすごーく効いてました。
パスタやピザでゴルゴンソーラはよくありますが、グラタンで、
というのは新鮮でした~。
でもこれは苦手な人には厳しいかな・・・?
DSC01276.jpg
ちなみにこれは、家で少し焼いた状態です。


両方で1300円くらいでしたが、こんなお手軽に人気店の味を
食べることができたのはよい経験になりました。


続いて、チラシで目をつけていたパン屋さんでも購入。
DSC01271.jpg

あれ・・・今、お店のサイトを見たら、国分寺のカフェ・スローの中に
店舗があると書いてあるではないですか・・・。








そのカフェ
・・・・・・以前行って、パンも買ってきてました、、、





見た目にインパクトがすごくあって思わず真っ先に買ってしまった
のが、ブルーチーズとはちみつのパン。

DSC01274.jpg

合わないはずのない王道の組み合わせですが、ハチミツのべたべた感が
ものすごくて、手で触るのをためらうほどでした。味はこってりと
おいしかったです。

あとはドライフルーツがごろごろしておいしそうだった小さな
フルーツケーキなども購入。
このフルーツケーキも、ドレンチェリー(←けっこう好物)をかなり
堪能できて、小さいながらも満足でした~。


あまり見かけない感じのラスクがあって、甘い系とおつまみ系
各数種類あったのですが、甘い系のオレンジのラスクがかなり
気になりつつ、おつまみ系のトマトオリーブとペッパーチーズ
を買いました。
DSC01270.jpg


これは、ナッツのクロワッサンみたいなのだったと思うのですが、
ナッツも生地もどちらかというとしっとりしてました。
DSC01273.jpg

ちなみにこれは、商品の入っていた袋の底に落ちて残っていた
ナッツなんです。ぜいたくですね~。ナッツ好きにはたまりません。
DSC01277.jpg




デモデダイナーのハンバーガーを食べながら帰るってのもよかった
のですが、ここならもっといい状況で食べることができるはずなので
この日は見送り。

時々買うブレッドガーデンなども、同じ理由でこの日は・・・・・
すみません。

茨城いちごのジェラートとか、食べてみたかったのですが、あまり
その場で食べている人たちもそのときいなかったのでこれも断念。



最後に入り口のところでケーキを選びます。
DSC01260.jpg


ケーキはどーんとチラシに載っていたので、それを見てあらかじめ気に
なっていたミルクキャラメル(これは昭島のパティスリーブリーズという
ところので、行ったことないのですが、当日伊勢丹に来るとき通ってきた
ところでした(笑))。

DSC01263.jpg

こんな感じで二層になってました。ホワイトチョコぽい風味もして
おいしかったです。
DSC01275.jpg

あとはマンゴープリンの「エゴイスト」
DSC01261.jpg

とそして、店員さんが「人気です」っていうし、なぜだかショーケース
(展示総数10種程度だったはず)に2種類もあるサバランのうち、
栗の乗っている方のを選択。

DSC01262.jpg

小平の確か「ル・セル」というケーキ屋さんのだったと思います。
そしてこのサバラン、次の日に食べたら、ものすごくお酒がきいていて、
食べ終わったあと、下に敷いてあった容器にお酒が残ったほどでした。
これ食べたあと車乗って大丈夫なのかしら?と疑問に思うくらい。



とても楽しいイベントでした。


お店はけっこう落ち着ける感じなので好きなんですが、他の
チェーン店のハンバーグ店ランチと比較すると割高感があり
ましたが、ちょっと前からサラダバーができ、ランチには
つくようになったので、時々利用していました。

そして、リンク先のこちらのサイトで近々閉店してしまうことを
知りました。

通りに面して立っているノボリに「閉店」とか「30%OFF」とか書いて
ありました。ああほんとうに閉店してしまうんですね・・・。
この30%OFFの適用されるメニューや条件については上のリンク先に
記載してありますので。


閉店の話が出るちょっと前の訪問だったと思います。
サラダバーをお昼に食べたい、と思って行ってきました。

初めてレディースセットというものを頼んでみました。
1280円くらいで2種類ありましたっけ。

ドリンクバー、サラダバー、デザートがついています。
それにしても鉄板がえらく余ってますね(笑)。
DSC01033.jpg

ハンバーグはおろしそ。
到着時はかなりレアな感じだったので、切っては断面を
鉄板につけつつ頂きました。
肉肉しくておいしいです。
DSC01034.jpg

デザートはこちら。
DSC01035.jpg



そしてその後、閉店の話を聞いてからまた行ってきました。
その少し前にDMが来て、新メニューと何度も使えるクーポンの
お知らせが載っていたので、新メニューと、クーポンから
ドリンクバーを。

「新メニュー」と思っていたのは、店員さんに聞いたら要は
ハンバーグのトッピングのことのようでした。
わさび醤油とかきのこのとかあったと思うのですが(クーポン
利用時に宛名部分を切り取られてしまったので再確認できず)
トマトチーズ(だったかな?)を選択。
DSC01245.jpg
平家の郷で、ランチとはいえドリンクバーもつけてトッピングも・・・
とかいうと軽く1000円は超えますが、閉店セールの30%OFF適用
になったので、なんだかえらく安かったです。かなりなお得感。

漬物に興味のないわたしも、ここのこの田舎漬はけっこう好きで
毎回必ず頂きます。

そういえばクーポンの中にこれのプレゼントもあったっけ。
最後にもらっておこうかな・・・。

DSC01246.jpg

平家の郷 西立川館(10月10日(月)で閉店予定)



もうずいぶん前に、青梅でランチの場所を探していた時にその存在を知り、
見に行って見たら、「この場所でこの賑わい?!」的混雑のため入店を
断念。その後コメントでもおすすめいただいたりして、いつか行こうと
思っていてやっと実現できた、平日のランチ終了時間間際。

手前の木にピントがあってしまいました、、、
最近、設定してないのに背景ぼかしモードに勝手になってることが時々
あるんですよね、なぜなんだか・・・。

DSC01153.jpg

DSC01154.jpg

お店に入ると、今まで見てきた混雑度よりはだいぶすいていたので一安心。
ウェイターさんは、カフェの店員さんというよりホテルのウェイターさん、
といったたたずまい。とても丁寧なのですが、声がかなり小さくて聞き取り
ずらかったですが。
DSC01138.jpg


ランチメニューには、プレートランチ、パスタ、ドリア、オムライス、
カレーなど、洋食屋さん風のラインナップで1000円程度でいろいろ揃って
いましたが、前菜、サラダ、スープ、パスタ、肉or魚料理、デザート、
ドリンクつきで1500円のコースにしました。
DSC01149.jpg

サラダと前菜。とても横長のお皿です。
DSC01139.jpg

DSC01140.jpg

DSC01141.jpg

DSC01142.jpg

スープはヴィシソワーズ。
DSC01143.jpg

本日のパスタはペペロンチーノ。
辛いオイルつきです。あまり辛くなかったですが。
あとちょっと塩気がたりなかったかな・・・。
DSC01144.jpg

そしてお肉料理。
豚のグリルを選択したのですが、意外な形で登場。
これも、とても長いお皿。
DSC01146.jpg

ここまでは、前菜もスープもパスタもポピュラーなもの中心
でしたが、いや、豚のグリルもメニューとしてはポピュラー
なのですが、この盛り付け方はとても斬新。
DSC01147.jpg

見ていて楽しいですね。
そして付け合せの野菜の中の、薄い玉ねぎとなす、これらは
素揚げ?というか、それを通り越して飴細工のようにかちかちに
なっているのですが、極薄なのでとーーってもパリパリしていて
香ばしい。こんな食べ方初めてです。おいしい。
DSC01148.jpg

そしてデザート。
こちらもまた凝った盛りつけですねー。
DSC01150.jpg

グラスに入っているのはトマトのシャーベット。
白いのはパンナコッタ。
DSC01152.jpg

DSC01151.jpg

いろいろついていて、盛り付けも楽しく、お得なコースでした。
遅い時間に行ったおかげでゆっくり落ち着けました。
ビジネスホテルの1階にお店があるので、主婦のお客さんたちの他に
宿泊客らしき会社員風の男性なども来ていて、あと、ホテルの常連さん
なのでしょうか、きちんとした身なりのおじいちゃんも一人で来ていて、
グラスのビールなどを飲んでいました。お会計の小銭を払うのに
時間がかかってウェイターさんに手伝ってもらったり、そしてさっきも
ちょっと書きましたが、ささやくような声のウェイターさん、そして、
トイレに行くドアだと思っていた、お店から伸びていたガラスのドアの
先に続く廊下はホテルに続いていたようで、会社員の人やおじいさんは
そこを通って部屋に戻っていきました。

なんだかこの一連の雰囲気が、ちょっと独特で、ふと、タイトルに書いた
古いユーミンの曲「時のないホテル」を思い出してしまいました。


ルナプレナ(Luna Plena) 青梅市師岡町4-2-8 コンフェスタイン河辺 1F
 11:00-21:30(L.O) 隣接する西友Pで割引あり
 


ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。