2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

3時ちょっと前に宿に到着。
もうちょっとめいっぱい観光して食事時間のちょっと前に着くのでもいいのでは?と
思われそうですが、この宿は、お部屋でとても楽しめるところなので、あえてチェックイン
時刻に合わせてやってきました。

DSC02452-2.jpg



こちらがフロント棟。
今回予約したのは「はんなり伊豆高原」という、ペットと泊まれる和風の旅館です。

DSC02393.jpg


場所を決める時に、箱根か伊豆あたりで調べていました。
ペットOKのホテルには過去に2回ほど泊まったことがありますが、どちらも、以前は
不可だったのを最近可に変更したタイプのところで、館内で入れる施設がとても限られて
いたり、客室では自分で持参したケージ使用などの条件のあるところでした。
もちろんそれでも一緒に行けるというだけで素晴らしいのですが、今回調べていたら、
もっとペットとの宿泊に特化した宿もいくつもありました。

しかし、できればあったらいいなと思っていた「ペットの入れる温泉」のある宿となると
ぐっと少なくなります。もしもあったとしても、人間用のお風呂の横にペットキャリーくらいの
大きさのプラスチックのマイクロバブルバスみたいなものを置いたのだったり、予約制で
1回500円とかだったり、どれもピン」とこなかったところ、ここの「はんなり伊豆高原」は、
なんと、客室にペット用お風呂・・・しかも温泉がついているんです!
あ、人間用の温泉のお風呂もお部屋についています。
もちろんその分、ほかの施設よりは宿泊代がかかるのですが、よくよく調べていくと、
全館離れ形式で全7棟、ペットのお風呂は露天風呂(人間用は露天かビューバスの2タイプ)
食事は部屋で提供、小さい庭つき・・・もうこの時点でうすうす感じていました

「これは・・・高くないかも」と。

わんこを連れて旅行に行くと、長時間ドライブになるので、宿に入る前に
お散歩してトイレを済ませて・・・そして帰るときも車に乗せる前に散歩して
・・・となるのですが、お庭がついているので、まずその手間がなくなります。

そしてお部屋での食事提供。
もし食堂に連れていけても、テーブルの下で待たせていると、匂いばっかりかいで
いるのが気になったりしていまひとつ落ち着かないのですが、その心配も無用。

さらに旅館のサイトでお部屋の様子を見ると、これがまた非常に素敵で、そのまま
部屋の空き状況をチェックしに行きました笑。
平日に泊まる予定だったので、週末よりはかなりお得だし、ペットの宿泊料金に至っては、
小型犬2100円とけっこう普通の値段です。温泉以外にも至れり尽くせりだというのに
(後述します)。

1か月以上先に予約を取りましたが、空いている部屋が少なく、週末になると来年まで
埋まっています。なんでも、予約開始の日は週末や連休の予約を取るのはけっこう
大変のようです。


お部屋に案内してもらいます。

DSC02394.jpg


続きます・・・。


read more▼

この記事へコメントする















ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。