2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫


昨日(7月15日土曜日)の昼間の雷雨はものすごかったです。
朝から非常に天気がよかったので
CIMG1703-2.jpg

週末の来客に備え洗濯物や布団干しマット干しなど全開で
昭島の酒屋さんまで出かけ(このお店についても近々掲載
予定です)お店を出るとちょっと怪しげな空模様。
急いで帰るも渋滞にはまったりして家まであと5分という
ところでフロントガラスに水滴がつきはじめました。
と、次の瞬間にもうスコールとものすごい強風。
ちょうど多摩川を渡っているあたりでは、前の車が視界不良
のせいかなんだかわかりませんが止まっていてしばし橋上で
立ち往生だったのですが、強風の時に高速でトンネルを出た
あとのように車が横風にぶんぶんと煽られ、しかもものすごい
イキオイで降る雨よりもものすごい音でバチバチと車を
叩きつける何か。当初は川沿いの大木の折れた小枝がぶつかって
るのかと思ってましたが、正体はこれでした。
CIMG1709.jpg

カクテルによさそうなクラッシュアイス・・・ではなくて
雹です。これをバチバチと頭に浴びつつ急いで部屋に戻り
被害にあった洗濯物をとりこみます。
一段落して外を見ると、窓からいつも目の前に見えていた
大木の枝の90%がなくなってしまっています。
干しておいてずぶぬれになってしまった靴4足を洗濯乾燥
しに渕上のJAVA洗車場向かいのコインランドリーに
行きました。行きつけの美容師さんから「コインランドリー
の靴洗いはなかなかいい」と聞いていたので。

途中、橋を渡っているとこんな落し物?が。
CIMG1711-2.jpg


ちなみに美容師さんのお墨つきの通り、靴はすっごくきれいに
なりました。ケガの功名?
さて。翌日になり朝の散歩でいつものコースに出てみました。
ニセアカシア、くるみ、桜、ねむ、といろんな木の枝が
痛々しいくらいあちこちで折られていました。
まさに「嵐の爪あと」といった感じでした。

お散歩コースのシンボルともいえる胡桃の木。
いつだったかの台風で左半分の木が折れてしまって(写真の
左の方に倒れている幹)、でも右半分が元気にしていたの
ですが、昨日の嵐でその右半分までも倒れてしまいました。
もう実もついていたのにかわいそうに・・・。
CIMG1719.jpg


このあたりに多いニセアカシアの木もかなり多く折れてました。
CIMG1718.jpg


これらの写真は今朝とったものですが、夕方のお散歩の時は
よく一緒に歩く近所のおばさまと被害状況の話などしつつ
歩いていたのですが、おばさまのお宅では瓶ビールの王冠大
の雹に直撃され網戸が破れたり、他のお宅ではガラスが割れて
しまったり、さらには数軒先のお宅ではスレートの屋根が飛んで
お家が浸水してしまったりけっこう甚大な被害が出ていました。
雹も風も北の方角から吹いていたようです。
今朝の朝刊にも出てましたが、昭島の幼稚園の屋根がまるごと
はがれて近所に落下したようですが、ほんと今回のは
「雷雨」とか「にわか雨」とかそんな言葉で片付けられない
ほどのすごさでした。わたしもそう思いましたが、近所の
他のおばさまたちも口々に「今まで体験した中で一番すご
かった」とおっしゃってました。

スポンサーサイト

【またまたsoraさん♪】
怖い思いをされましたね。
そうですかー、フロントガラスが割れてしまう
こともあるのですか。もし今度ああいう天気が
来たら屋内駐車場に逃げ込みましょうね!
soraさんもマンションエントランス水没とは
大変でしたね。

免許取りたてなのでしょうか?以前から書くよ
うにはしてましたがこれからお店情報の中に
駐車場情報を忘れないようにしますね♪

【初心者運転なのに】
悲惨な思いしました。江戸街道(昭島の線路沿い近くの道)を走行中に雹雷の嵐…車が太鼓になってた~!;
視界が1mくらいしかなくて、目の前で風龍が何もかも巻き上げてました。車でもアレに突っ込むは無謀。。徐行か停止しかなかったですよね;
タクシーの運転手さん曰く、あの雹で何台かフロントガラス(15万円)を割られてしまったそうです。うちのマンションもエントランスが水没…
あちこち被害続出だったもたいだし、ぱぽさんも、知り合いにも怪我も無くてなによりでした(^^;
この記事へコメントする















ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。