2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、福生情報満載のブログをのぞいた時にその存在を知り、ずっと行きたかったお店。
しかし、ネットからの予約限定で1日1組のみ最大6名まで、開店は基本23時からという
点がネックでもあり、指をくわえて店主さんのブログを見る日々でした。
(お店の内容に関係ないネタが多かったり、ご本人もシャレで書いていらっしゃる
とのことですが、なにげに共感できる話もあったりして、おもしろかったりします)

だめもとでコンタクトをとってみると、日程的に余裕を持って尋ねたのが功を奏したのか、
希望の日時で予約が取れたので行ってきました。
bwo1.jpg
(実はこの写真は退店後に撮ったのですが、酔っ払ってたのか、ぶれてしまいました汗)




お店は、銀座通り沿いで、「3.14」の近くにあります。
そしてこの、ワイヤーアート風のかわいらしい飾りの小窓はお店に入る時点では閉じられていて、
中の灯りは全く見えない上に、店名はもちろん、「OPEN」などのプレートも全くない状態
なので(まあ下手にそういうものをつけると通りがかりの人などが入ってきちゃうのでしょう)
ちょっと不安になりつつも、おそるおそる扉を開けてみると、白いテーブルクロスの敷かれた
長テーブル一卓のみのこじんまりとした居心地のよさそうな空間が。
bwo9.jpg

bwo2.jpg


最初はオーストラリアのスパークリングで乾杯。
bwo4.jpg


前菜はカプレーゼ。
なんてかわいらしいんでしょう。
赤いのはチェリートマト、グリーンのはバジルのペースト、どちらも
自家野菜で作られたものだそうです。

bwo5.jpg


カプレーゼは自分でも食べたり、来客の時に出したりしますが、
こんなアイディアがあったとは。
bwo6.jpg



かぶのスープ。
こちらも自家製のかぶだそうですが、まだ小さくて味がやや弱いのでじゃがいもも
加えたとのこと。
でもしっかりかぶの香りがします。
とてもやさしい味わいでおいしいです。癒されます。
bwo7.jpg

魚料理は、平目のパン粉焼き。
「お野菜と一緒にどうぞ」とのこと。
頂いてみるとたんぱくな平目にはけっこうしっかり塩味がついていて、固めに茹でて
添えられた野菜、手作り感のあるパン粉の香ばしさ、なにげなく散っているピンクペッパー
とのバランスが絶妙です。
bwo8.jpg


お肉料理を前に、赤ワインを頂きます。
「YUME」という名前のイタリアワイン。フルボディで好きな味です。
画像からはわかりにくいかもしれませんが、とーーっても大きなグラスなので
量もたっぷりです。
bwo10.jpg





お肉料理は子牛のロースト フォン・ド・ボーと野菜のソース。
この子牛が、まだ草を食べていないので色が少し白いですとの説明だったの
ですが、詳細を想像すると可哀そうなのであまり考えずに・・・。
bwo11.jpg


とてもやわらかいのはもちろん、左側のトマトの下のブロックは表面がとても
香ばしく焼かれていて、香ばしさをこよなく愛する私にはもうたまりません。



最後はパスタ。
あさりとアンチョビーのトマトソース。

お店の照明が暗めでなかなかうまく写真が撮れないので途中で設定を変更したら
今度は黄色い画像になってしまいましたが、、、
bwo12.jpg


お店のコンセプトが「レストランバー」だからなのか、コースにデザートや
コーヒーは入っていないようですが、このコースで3400円です。

赤ワインは、できたらピノ・ノワールのボトルをとお願いしておいたのですが、
手違いで入荷できなかったとのことで、その分グラスで格安で提供していただいた
りして、合計で5000円でお釣りがきました。


今は、まだあまり野菜が育っていないとのことでしたが、これから夏にかけて
さらに多くの自家製無農薬野菜を使った丁寧なコース料理が頂けるのかと思うと、
再訪せずにはいられないです。

最初は、敷居の高いお店のイメージがあったのですが、でも値段が高いわけでも
全然ないし、ひとたび予約さえ取れば、嫌いな食材を事前に聞いて頂けたり、
他のお客さんがいなかったりと、まさに隠れ家というか、「My Restaurant」的に
利用のできるお店だと思います。


B.W.O. 福生市本町129 TELなし
予約など、お問い合わせはこちらから

*店主さんは、尊敬されている志村けんさんに来店してもらうことを
 夢見てこのお店をやっておられるようなので、けんさん来店の暁には
 閉店してしまう恐れがあるかもなのでご注意下さい(すでにお兄様は
 ご来店済)。
スポンサーサイト

【oneさん】
どうも~~♪

お~、さすがですね!ブログもチェック済み
でしたか。わたしもHPのお料理のきれいな
写真とブログのギャップに最初はびっくり
しましたw

実際の店主さんも、物静かな感じというか、
よく、友達と話したくて食事に行ってるのに
店主さんが話に入ってきて・・・なんてこと
ありますが、そんな感じは全然なく、でも
こちらが話しかけると、のってきて下さる
ような感じで居心地良かったですよ。
【】
私も、店主さんのブログをときどき見て、行きたいと思ってたところです。
すごく丁寧なお料理なんでびっくりしました。
【キャットママさん】
どうも~~♪

ご結婚記念日とかによさげな気がします(^^)。

多分、テレビなどに出てしまう前は予約は
取れると思うので、早めにメールコンタクト
を取れば、運をためさなくてもOKですよ笑。

お魚料理もお肉料理も両方出てきますよ~。

子牛・・・やっぱりそうですかあ、、、うぅ。
【にゃんさん】
どうも~~♪

雰囲気は素敵なのですが、穴場的な感じで、
かしこまる必要も全然ないんですよ~。
旦那さまと二人で行っても、お友達数人と
行っても楽しめると思います。
メニューが決まってないサプライズな感じ
も楽しいです(嫌いな食材は事前に申告
できますし)。
【】
これは・・・・!
なんて素敵なんでしょう。お料理も好みだわ~。
是非そんなチャンスがあったら食事してみたいですね。
カブのスープって好きだわ!それとお魚・肉両方がコースに入ってるんですか?どちらかチョイス?私もね、実は仔牛って姿を想像してダメなんですよ~~~(泣)白い肉があまりにも悲しくってね。
パスタが最後っていうのが面白いですね。
たった一組・・・・さてさて競争率高そうな狭き門ですね~どうなることやら(笑)運だめしですね。
【】
こんばんは 女王様のにゃんです♪

なんと!
雰囲気のあるイイお店ですね☆
一度は行ってみたいと家来たちが
目を輝かせています~♪
子牛のローストと赤ワイン・・・
最高ですね~★
この記事へコメントする















ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。