2017 / 03
≪ 2016 / 12 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2017 / 03 ≫

天ぷら・・・。
それは、10本の指には入るかなっていうくらい大好きな食べ物。
以前、海外に住むかも・・・という話があった時に日本を離れたくない理由の
ひとつとしてあったのは「おいしい天ぷらを食べられなくなるかも」という心配
だったりもしました。そのくらい天ぷらは好きなのですが、なかなか専門店には
行かれないので、お蕎麦屋さんで天せいろを頼むのが関の山でした。

ちゃんとした天ぷら屋さんで、カウンターで揚げてもらいながら食べてみたいなあ
と思いつつ、どうも専門店は敷居が高く、行かれずに何年もたっていましたが、
食べログを見ていて、国立にお手頃価格でよさげな天ぷら屋さんがあるのを知り、
行ってきました。

何通りというのかわかりませんが、ピエトロのレストランや、ペットショップなど
いろいろお店のある通りをしばらく走って、おはしCafeガストをすぎてすぐの
ところにお店がありました。

DSC01592.jpg

DSC01591.jpg

早い時間に行きましたが、店内には常連さんらしいおじさんがすでにカウンターに。

メニューは軽く食べログで予習していました。
ふつうなら天ぷら定食とか行くのでしょうが、別にごはんはそんなにいらないし、
むしろその分多くの天ぷらを食べられる方が嬉しい。食べログには胃にもたれない
天ぷらとか書いてあったのでなおのこと。

なので、注文は、「野菜天もりあわせ950円、穴子天550円、きす天320円」。
おかみさんに「ライスは・・・」と聞かれましたが「いりません」ときっぱり笑。

するとおかみさんが塩の説明を始めます。
おおお、こんなに! どれがどの塩か結局覚えられませんでしたが、左端の二つ、
緑の抹茶とピンクの海老塩はお店作だそうです。

そして、揚げた天ぷらを置くお皿が和紙とともに目の前に置かれ、天ぷら好き、
塩好きとしてはテンションがあがりました。

DSC01581.jpg


そして奥から店主さんが登場。
軽く一礼をして、手際良く次々に他のお客さんの天ぷらも揚げて行き、
お皿にのせていきます。

わたしのところにまず来たのは野菜天盛り合わせから、ふきのとうとわらび
(こごみ?)とあともう一つも何かの野草系。
なんとこの時期ですでに早春の山菜をいただけるとは。
どれも苦みばしっていてやわらかい。


DSC01583.jpg

この店主さんの持つ空気感、すごくいいです。
なんというか、とても居心地がいい!


続いて、頃合をみはからってさりげなく出てきます。
DSC01585.jpg


このしいたけ、肉厚で、直径も5センチ以上はあるようなりっぱなもの。
DSC01587.jpg

れんこんはそれ以上の大きさ。
DSC01586.jpg

穴子ときすは一緒に登場し、店主さんが「以上でおそろいですね」と小声で。
DSC01589.jpg
身が柔らかくておいしい~。

もっと食べたい気が・・・。
そして、さすがに天ぷらのみだと、手持ち無沙汰感がやはりちょっとあって、
まあ普通の人はごはんやお味噌汁やお漬物など、ここでも定食についてくるものが
あるので問題はないでしょう。わたしはあまり白ごはんとかいらないのであれなんですが。

あ、そうそう、途中で気がついたのですが、隣で天ぷら定食を頼んでいた人も、わたしと
同じように揚がった順にお皿に乗せられていました。

天ぷら定食って、盛り合わせられていっぺんに来るイメージでしたが、天ぷら専門店で
頼めばひとつづつ食べられるんだぁ!これは気分がいいでしょうねえ。

このお店、いいなあ~。敷居もお値段も高くないし、居心地のいいお店です。
C定食(海老1、魚3、野菜1)1050円、B定食(海老掻き揚げ1、海老1、いか1、
魚1、野菜2)1680円、あと他にも掻き揚げや天丼のメニューがあるようです。


厨房の天井に飾ってあった札の中に「二日酔いのため臨時休業」という札が。
ほんとに使ってるのかわかりませんが(いや、シャレでしょうきっと)、
なんだかほほえましい。
DSC01590.jpg

近くにこんなお店があったらいいなあ。

天ぷら 天兵 国立市富士見台1-6-11 042-575-7388
11:30-14:00,16:30-22:00 木・第3水休 P2台
スポンサーサイト

この記事へコメントする















ぱぽ

Author:ぱぽ
多摩川近くに生息。同居犬1匹。